2022年5月 2日 (月)

2022-05-02 二度目のタイヤ交換

半年前に点検に出したときにタイヤ交換をすすめられました。溝は十分残っているのですが、側壁に細かいひび割れが多いとのこと。タイヤの製造年月がかなり前だったことに気づきました。環境保護の点でもタイヤはなるべく使い切りたいのですが、安全第一ということで交換しました。

前回の交換が 2017年5月ですから使用開始後5年ですが、製造がそれより前でした。タイヤ購入に際しては製造年月も確認しないといけませんね。

今回装着したのはダンロップ EC204 という普及型の低燃費タイヤです。それまでのミシュラン ENERGY SAVER+ に比べると直進時からわずかにステアリングを回したときの反応がやや鈍い感じがします。直進時の「据わり」もミシュランのほうがやや優れています。ころがり抵抗はかなり低く、車体がどんどん前に出ていこうとします。転がり抵抗性能のラベリングが AAA だけのことはありそうです。

2021年9月 1日 (水)

2021-09-01 本当に故障しない

2013年11月に使い始めたフィットは7年9か月を経てとても快調です。少しずつ経年劣化しているはずですが慣れてしまって気づきません。2017年5月に 31,960km で交換したミシュランの ENERGY SAVER+ のサイドウォールに細かい亀裂が目立ってきました。走行距離は 20,000km で寿命の半分ですが、4年以上経過したのでそろそろ交換を考えなければいけないようです。

前に乗っていたスズキのワゴンRもこのフィットもとにかく故障しません。消耗品の交換と定期点検以外にはまったく手がかかりません。電球が切れたことすらないのには驚きます。ゴムや樹脂類の交換はもう少し先になりそうです。

2020年12月 3日 (木)

2020-12-03 フィット サービスキャンペーン

三回目の車検を終わり、フィットは実に快調です。車検の前にCVTフルードを交換しました。4万キロにすこし満たない時点でした。

車検後にホンダ販売店から電話があり、サービスキャンペーンの該当になったとのこと。

旧型フィットなど8車種のサービスキャンペーン

そうか、もう「旧型」になったのでした。

2020年7月16日 (木)

2020-07-16 ココログフリーのサービス内容が変更

更新せずに1年が経過すると新規投稿ができなくなるとのこと。

2020.07.14
【重要】ココログフリーサービス内容変更のお知らせ

 

2020年2月29日 (土)

2020-02-29 無事に 43,000km

相変わらず好調で、まったく劣化を感じることなく6年・4万3千キロを過ぎました。おそらくサスペンションのブッシュやエンジンマウントはそれなりにくたびれていて新車に乗ると違いがわかるのでしょうけど。電球1つ切れることなく走る信頼性の高さはすばらしいと思います。いままで発進できなかったことは一度もありません。

新車時からの燃費率も 18.8km/L (車載距離計・満タン法)と全く変化なし。

あと少し改善されるといいな、と思うのは

・Aピラーが太く、バイザーもあるため右カーブで対向車がとても見にくい
・路面の細かい荒れ(ザラザラ感)がよく伝わる

くらいでしょうか。

2017年8月 8日 (火)

2017-08-08 左足ブレーキ

初めて自動車を所有した1990年代にAT車だったのでずっと左足でブレーキを踏んでいました。

5速手動のワゴンRに乗るようになって右足ブレーキに転向しましたが、またしても2ペダルCVTのフィットに乗り換えました。どこかの時点でブレーキペダルを左足で踏むようにしようと思って3年以上…。

今日から切り替えることにしました。

山岳路に出かけて左足ブレーキの感触を思い出します。

ブレーキペダルを踏む足を変更するには交通量の少ない行き止まりの山岳路(舗装林道)が適していると思います。自転車や歩行者がないし、比較的自由に加速・減速ができます。

町中の交差点と違ってブレーキを踏むと減速加速度をはっきりと感じるところが重要だと思います。

約 30km ですっかり慣れました。帰路は渋滞路や自動車専用路を左ブレーキで問題なく走って帰宅です。

2017年5月21日 (日)

2017-05-21 タイヤ交換

31,960km でタイヤ交換をしました。溝の残りは 2mm くらいでしょうか。半年前の定期点検で交換を勧められました。

175/70R14 では選択肢はさほど多くありません。今回は MICHELIN ENRGY SAVER + にしました。近所の店で手ごろな価格で入れ替えができました。

新車時のヨコハマブルーアース AE01 との違いはほとんどわかりません。タイヤ交換時は
・すり減った古いタイヤ
・新品タイヤ
との比較になるので、一般の運転者にとって違いを指摘するのは難しいと思います。

とりあえず新品でトレッドの厚さが戻ったので少し柔らかい感じはします。その関連か、微舵の反応が少し鈍くなった気もしますが、あくまで「気のせい」レベル。Michelin1

英国の工場で生産のようです。
Michelin2

2017年3月17日 (金)

2017-03-17 無事に3万キロ

日々全く問題なく動作しています。電球切れもなし。

3年3か月で3万キロ。

累計燃費率は 18.9km/L (車載距離計+満タンで計算)。

Fit

2016年12月31日 (土)

2016-12-31 快調です。車検も通りました。

2016年12月で初回の車検となりました。28,000km ですので、年間 9,000km 強という走行距離です。

消耗品以外の部品の交換もなく、すこぶる快調です。横浜から成田空港まで、流れの良い湾岸線経由で実速度 85km/h 程度で走ったら車載燃費計は 28km/L を指しました。実燃費でもおそらく 26km/L 程度かと思います。

28

2016年6月 6日 (月)

2016-06-06 気温が上がると燃費も向上

車載燃費計が 28km/L の大台を指すのは初めて。
満タン法でおそらく 25km/L 超。28

«2016-04-07 リコール

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ