« 2007-04-07 納車 | トップページ | 2007-04-14 忍耐 »

2007年6月 2日 (土)

2007-04-07 慣らしの問題

さて、新車だから慣らしが必要かな。金属同士を組み上げてあるんだから、いきなり高速・高負荷・高温はまずいだろうなあ。でも、どのようにしたらいいんだろうか。

ネット上でも慣らしについていろいろと意見してる人がいるけど、ほとんどがどこかで読んだ・聞いたことの受け売りで、根拠がまったくはっきりしない。

アドレスの取扱説明書には1000Kmまではスロットル開度半分にしろと書いてある。でも、もうすこし小刻みにしたほうがいいんじゃないだろうか。

唯一メーカーの姿勢がわかるのはヤマハのマリンジェット(水上バイク) のサイト記事だ。5分間アイドリング、30分間5000回転で運転、1時間6500回転で運転。ずいぶん手短かだ。でも、慣らし運転は1時間半で済ませるけど、その前にアイドリングが5分確保してあるところが意味深長。最初から負荷をかけちゃいけないみたいだな。最初の5分にずいぶん意味があるんだろう。


今回はとりあえずやや慎重に慣らしをすることにした。
最初の200Km 時速40Km/h(メーター読み)まで
次の100Km 時速45Km/hまで
次の100Km 時速50Km/hまで
次の100Km 時速55Km/hまで
次の100Km 時速60Km/hまで、発進・登坂で少し負荷をかける
次の100Km 時速65Km/hまで、発進・登坂で少し負荷をかける
ここから先はスロットル開度1/2、回転数をあまり上げないように走る。

はじめの600Kmくらいはけっこう忍耐が必要...。

« 2007-04-07 納車 | トップページ | 2007-04-14 忍耐 »

コメント

自分は最初数十キロまでを時速約40キロで慣らし運転。
その後1000キロまでを時速約60キロで慣らし運転しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138413/6640906

この記事へのトラックバック一覧です: 2007-04-07 慣らしの問題:

« 2007-04-07 納車 | トップページ | 2007-04-14 忍耐 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ