« アドレス関連サイト・ブログ(1) | トップページ | 教師たち »

2007年6月18日 (月)

2007-06-17 尊重

国道246号線下り、愛甲石田付近で後方から大排気量2気筒の音が近づいてきた。ミラーを見ると真っ白に輝くヘッドライト(たぶんHID?)が見える。Ducati か Suzuki SVに社外品マフラーか...。

その大型車と大秦野のあたりまでいっしょだったが、実に気持ちよい思いをした。こちらのピンク色の標識から125だということはすぐにわかるはずだが、そのライダーは一般路ではリッターバイクも125も速さは同じということがよーくわかっているらしい。私が停止するときっちりと「二番機」のポジジョン(右ミラーに入る位置)で止まる。信号が青になって発進するときも、不用意に加速せずにちょうどいい車間距離でついてくる。「いつ追い越してくるかな」と余計な心配をしない絶妙の車間だ。

後方をしっかり守ってもらっているような気がして、なんだか安心して走る。

混雑する道だから、余計な気遣いはしたくないしさせたくない。そのあたりが通じている気がしてほのぼのできた。

« アドレス関連サイト・ブログ(1) | トップページ | 教師たち »

コメント

自分(アドレスV125)も原付に追いついた時には、原付からきちんと車間を取って走っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138413/6833455

この記事へのトラックバック一覧です: 2007-06-17 尊重:

« アドレス関連サイト・ブログ(1) | トップページ | 教師たち »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ