« 2007-08-26 飯能方面へ | トップページ | 2007-08-26 おおらかな燃料計 »

2007年8月26日 (日)

2007-08-26 ケース快調

今日はトップケースの試験でもあった。舗装の悪い林道を走ると相当の振動がある。段差や穴の大きい衝撃も心配だが、常に伝わる細かい振動も相当のものだと思う。ケースは大丈夫か。

心配なのはベースを止めるねじのゆるみだ。

Givi のトップケース E260 は汎用型で、取り付けベースをアドレスのリアキャリアに簡易クランプ(鉄板)を使ってねじ止めしている。ナットにはナイロン加工がしてあるが、ネジロックは附属していない(使用は推奨してあるが)。

かなり大きな衝撃もあったが、問題はなかった。

自重が 3kg ほどもあるので操縦性に悪影響があるかとも思ったが、これもまったく感じず、少々驚いた。以前 CB125T のリアキャリアに雑誌(Car Graphic)3冊を積んだらシミー(減速時のステアリングヘッド付近の横揺れ)が強く出てびっくりしたことがある。車体中央から離れたところにしなる材質を介して重量物を取り付けると「ワナワナ」と振動が出るわけだ。アドレスのキャリアは車体にしっかりと固定してあるということか。


トップケース(ハードケース、トランク)は実に便利だ。走っているときに雨具などを入れるのはもちろん、停車したときに手袋やサングラス、メッシュジャケットを放り込めるのが実に助かる。

« 2007-08-26 飯能方面へ | トップページ | 2007-08-26 おおらかな燃料計 »

コメント

ヘルメットをヘルメット用フックにかけると雨が降った時にヘルメットが濡れる。
しかしヘルメットを手に持って歩行すると、ヘルメットが邪魔くさい。
しかしリアボックスにしまえば雨に濡れないし、ヘルメットを手に持たないで歩行できる。
冬場はヘルメットの中に防寒ズボンを丸めて入れて、リアボックスにしまってます。防寒ジャケットはメットインです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138413/7687716

この記事へのトラックバック一覧です: 2007-08-26 ケース快調:

« 2007-08-26 飯能方面へ | トップページ | 2007-08-26 おおらかな燃料計 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ