« 2007-08-26 ケース快調 | トップページ | 2007-09-01 機械は変化しないが »

2007年8月26日 (日)

2007-08-26 おおらかな燃料計

アドレスの燃料計はいいかげんだ。いや、役割はきちんと果たすから「ひょうきん」と言うべきか。

横浜市を燃料満載で出発。ブンブン回して青梅に到着しても針はまだ動かないで上端に貼り付いている。飯能に入ったら「F」を割ってきた。高麗から山登りを始めるとおもしろいように針が下がっていく。燃料油面センサー位置の関係で、登り姿勢では少なめに表示するようだ。

燃料計の針が目盛り下端を割ってからが本領発揮だ。「E」を指した時点で給油しても 4L+ くらいしか入らない。メーター針が下のストッパー付近に来たらそろそろ給油だ。ちょっと心配になるくらいで給油しても 5L 程度で、カタログ容量の 6L 近くを給油するには相当の肝っ玉が必要だろう。給油・燃費を細かく記録している Black Tom さんも 5L 以上を給油したことは150回中3回ほどのようだ。

目盛のF~Eはおそらく 5L~2L に対応していると見ていい。つまり、燃料計の守備範囲は全容量の半分だ。

« 2007-08-26 ケース快調 | トップページ | 2007-09-01 機械は変化しないが »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138413/7688219

この記事へのトラックバック一覧です: 2007-08-26 おおらかな燃料計:

« 2007-08-26 ケース快調 | トップページ | 2007-09-01 機械は変化しないが »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ