« 2007-09-02 ちゃんと動作 | トップページ | 2007-09-10 曽我方面(2) »

2007年9月 9日 (日)

2007-09-09 曽我方面(1)

午前中に一回りできそうだ。さて、どこにしよう。最近2度続けて行った青梅方面も魅力的だけど、時間がちょっと厳しそう。欲張らずに神奈川中央・西部をちょこっと走ることにする。

いつもは国道246号線を走るけど、今日は厚木から小田原厚木道路の側道を使う。この道は高校生の頃原付で走る「ハイウェイ」だった。天気がいいとこんな平凡な道でもとても気持ちいい。ああ、神奈川も緑豊かだなあと思う。

平塚ICから県道62号で金目川沿いに少し西に行き、土屋橋で左折して県道77号に入る。この道は最近とても気に入っている。海に近いからか、奥多摩と違って山並みが何となくやわらかいような気がする。

途中雑色というところで広域農道やまゆりラインと交差する。左(小田原方面)へ入って坂を上る。この道は隠れた名ドライブコース(私が言っているだ け)で、見晴らしがよく交通量がとても少ない。おそらく信号は県道と交差する1~2カ所しかないはずだ。今日は坂を上ったら右に入る狭い農道を見つけた。

しばらくは人家もあるが、途中から完全に林の中の農道(対面交通不可・舗装)になる。台風9号の強風で落ちた枝や葉で道はびっしりと覆われていて、舗装はしてあっても二輪駆動の自動 車ではちょっと無理ではないかと思った。アドレスもフロアボード下面に枝がバキバキ当たり、メインスタンドにはさまったりした。農道とはいっても登山路に 近い。途中何カ所も分岐がある。

どんどん標高を上げていって南側斜面に出るとすばらしい景色でヤブこぎのような走行が報われる。酒匂川、国道255号、JR御殿場線がずっと下に見える。左に目をやれば太平洋だ。

ものすごい下り(階段のような)*をブレーキを握りっぱなしで下ると曽我神社や法輪寺に出た。

きまハイさんのサイトの「最明寺史跡公園から西平畑公園へ」に紹介してあるあたりを走ったものと思う。

* ものすごい下りには「物言い坂」という名があった。今でも大変な坂だが(自動車ならリミテッドスリップデフ必須)、農道整備前はもっとすごかったらしい。荷揚げの子馬が上ろうとしないとき、母馬が耳元で何か言ったら子馬が歩き出したということだ。

« 2007-09-02 ちゃんと動作 | トップページ | 2007-09-10 曽我方面(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138413/7872494

この記事へのトラックバック一覧です: 2007-09-09 曽我方面(1):

« 2007-09-02 ちゃんと動作 | トップページ | 2007-09-10 曽我方面(2) »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ