« 2007-10-14 必要最小限の美学 | トップページ | 2007-10-28 ライバル »

2007年10月21日 (日)

2007-10-21 山梨ツーリング 晴天なり

午後4時戻りのつもりで朝早く出発。勤め先の行事で来週山梨県南アルプス市に出かけるので、その下見だ。

目的地はそれほど遠くないので、途中に走ってみたい場所を取り入れてみた。

1.厚木~道志
厚木から神奈川県道60号・64号(宮が瀬レイクライン)で国道413号(道志みち)へ。けっこう気温が低く、ジャケットにインナーを付けてきて正解。前後に車がまったくなく、背後から朝日を浴びて走るとものすごく気分がいい。山が朝日で照らされてくっきりと見えて、今日の走りはこれで十分とさえ感じた。

2.道志~都留
国道413号も交通量は少なく、快調に走る。道志渓谷から山梨県道24号で都留へ向かう。この道はアドレスにうってつけのワインディング(タイトで速度が出ない)で、メインスタンドがわずかに接地する「チリチリ...」という音を数回聞いて走る。見かけた自動車は同方向2台、対面1台。

3.都留~河口湖
都留から国道139号線(富士みち)で西へ。富士山が正面にずっと見えるが、偉容は見飽きることがない。すかいらーくで朝食にした。熱いコーヒーとできたてのスクランブルド卵とがしみじみうまい。アドレスにも給油。富士吉田から国道137号(御坂みち)に入る。走る道に愛称がついているのがおもしろい。標識にもなっているから、取り扱いに公的な取り決めでもあるのだろうか。

4.河口湖~精進湖
川口湖・西湖の北を通る山梨県道21号線(湖北ビューライン)を通る。この道も本日の拾い物で、富士山と青い湖面、並木があって美しい。速く走ろうという気にならない道だ。

5.精進湖~右左口峠(うばぐちとうげ)※ ラフロード
精進湖から国道358号を北上する。これまでは山を見上げて走ってきたが、この道では谷を見下ろす絶景が続く。

狭い道ファンとしては上九一色から分岐する山梨県道113号を見逃すわけにはいかない。舗装した林道という趣の狭い道でぐんぐん高度を上げるとすぐに未舗装路になる。アドレスの10インチのタイヤでは速度を上げられず、20km/h 程度で亀のように登る。ところどころ水を流すために道に水路が横断していて、歩くくらいの速度にしないと猛烈なショックでエライ目にあう。亀走りがずいぶん長く続き、正直なところ今後のラフロードは遠慮しようと思ったくらい。山梨県中央市道シルクラインに下りたときには「助かった」と思った。

りんさんの「山梨の林道辞典」はすばしいサイトだ。「辞典」という名のとおり。

===============================================

6.山梨県中央市~御坂
中央道甲府南IC付近から金川曽根広域農道に向かう。少ない交通量で左側に市街地を見下ろして快走する楽しさは格別だ。静岡の茶畑でもそうだったが、畑の中をアップダウンして走る農道は楽しい。一宮御坂ICの南側で国道137号に出て、御坂峠に向かう。国道137号はよく整備されていて流れがいい。いつも渋滞ばかりの市街地ライダーにとっては他の車を気にせず走るだけで気持ちいいのかもしれない。

旧道の案内のとおりに左に分岐する。御坂峠の旧道である山梨県道708号は相当の曲路だ。木々がわずかに色づき始めていたが、紅葉の頃にはずいぶんきれいになると思う。古いトンネルを抜けると天下茶屋周辺が路上駐車だらけだ。峠を越えたとたんに舗装が急に悪くなったのが印象に残る。

7.富士吉田~小山町
富士吉田から山中湖までの国道138号はかなり渋滞していた。三国峠を越えて帰ろうと思い、山梨県道729号で山中湖の北岸を走る。この道の流れは良くて助かった。県道730号で高度を上げていく。この道はずっと前に走ったきりで忘れていたが、とても眺めがいい。山中湖側の眺めを楽しんで峠を越えると小山側の景色もなかなかのものだ。道は飛ばし屋にとっては格好のワインディングで、路面はタイヤ痕で真っ黒だ。

8.小山町~帰路
国道246号をできるだけ走らないようにしてみようと思いたった。駿河小山駅前を通る地方道から谷峨駅側を通る旧道へと抜ける。神奈川県道76号を使って山北駅前を通過すると国道246に戻ってしまう。ここで北側に入る道を見つけて進入。東名高速の北側を走る道が松田の籠場まで続いている。おそらく東名高速道路の工事用に作った道ではないかと思う。強烈なアップダウンで(登りから下りになるところでは先か見えない)、舗装も相当荒れている。自家用車だと同乗者から文句が出るだろう。

連休のたびに東名も国道246号もびっしりと渋滞するから、照明のない悪路を行く自信があればこのコースはおすすめだ。松田からは神奈川県道77号があるので、とにかく走り続けることができる。

今日は籠場から国道246号を走ってきたが、やはり秦野・伊勢原で渋滞して少々疲れた。

アドレスは絶好調。今日は特にアイドリングの排気音が落ち着いていた。真夏ではときどき不整間隔で爆発するときがあった。ブレーキも以前よりよく効いた気がする。前輪は人差し指・中指の二本がけでタイヤが鳴くまで自在にかけることができ、下りのコーナーでも不安がなかった。後輪ブレーキも前輪とバランス良く効いていた。

本日の走行 334km、給油2回。

« 2007-10-14 必要最小限の美学 | トップページ | 2007-10-28 ライバル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138413/8547047

この記事へのトラックバック一覧です: 2007-10-21 山梨ツーリング 晴天なり:

« 2007-10-14 必要最小限の美学 | トップページ | 2007-10-28 ライバル »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ