« ツーリング記録 | トップページ | 2007-12-02 走れず »

2007年11月25日 (日)

2007-11-25 環境アンフレンドリー

二輪車の排気には有害物質が多い。
台数が少ないから規制強化がゆっくりとしているのだろう。
マラソンの先導に白バイを使うのは信じられないという競技関係者の話を聞いた記憶がある。

ちょっと数値を見てみよう。二輪と四輪との規制上限は下記のとおりだ。(スズキ環境・社会レポート2005資料集より)

二輪車モード規制値 (平成11年・g/km)
一酸化炭素 (CO)  13
炭化水素 (HC)  2
窒素酸化物 (NOx)  0.3

10・15+11モード規制値 (g/km)
一酸化炭素 (CO)  1.15
炭化水素 (HC)  0.013
窒素酸化物 (NOx)  0.013

2008年規制前の二輪なら四輪の10倍の CO、150倍の HC、20倍の NOx を排出したとしても基準内というわけだ。規制前の中型・大型二輪なら乗用車の数倍の規制物質を排出していることは間違いない。

信号待ちで輸入スーパースポーツ二輪や空冷大型ツイン車の後ろになって参った記憶のある人も多いだろう。強烈な HC のにおいがする。COや NOx もたっぷりばらまいているはずだ。

大型SUVに乗って省電力型家電商品を買おうとしている人。大型二輪に乗って有機栽培農作物を買おうとしている人。世の中には矛盾が多い。

AllAboutの記事日本自動車工業界の記事がわかりやすくまとまっている。

« ツーリング記録 | トップページ | 2007-12-02 走れず »

コメント

二輪車の排ガス規制値は甘いですね。
25年前くらいの車の排ガス規制値と、同じくらいだと思います。
バイク便のライダーは信号待ちのたびに、自分のバイクのマフラーから出た汚い排気ガスを、吸います。
あと道路工事関係者は、毎日汚いディーゼルエンジンの排気ガスを至近距離で吸います。
国にはこのような方たちの健康をきちんと考えてもらいたいです。

ほんとうにそう思います。あと、高速道路の料金所勤務もたいへんだといつも思います。

最近アドレスで走っていて20年前と違うのは、走った後にジャケットが臭くならないことです。大型貨物ディーゼル車の排気・微粒子規制は相当有効だと感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138413/9102178

この記事へのトラックバック一覧です: 2007-11-25 環境アンフレンドリー:

« ツーリング記録 | トップページ | 2007-12-02 走れず »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ