« 2007-12-07 ブレスサーモ | トップページ | 2007-12-16 対価を払う »

2007年12月 9日 (日)

2007-12-09 感動の茨城

先週筑波に仕事で出かけたが、研究学園都市の「学園東大通り」が忘れられずアドレスV125で再訪した。ちなみに今週末も筑波に出張だ。

地図を見てみたところ、学園東大通りは「日本の道100選」に選ばれているとのこと。百選を発表するなど役所が余計なことをするのが悲しい(ちなみに、商品でも役所が決める「グッドデザイン」に選ばれちゃうとデザイン担当者は陰で泣いているんじゃないかと思う)。

すっかり葉が落ちても街路樹は見応えがある。アドレスが檜舞台に上がったかのようだ。北部工業団地からテクノパーク大穂の道は大好きだ。この区域は企業の工場や研究施設を塀や柵で囲まず、ゆったりと芝や植栽で囲んでいるのがすばらしい。明るく日が差して落ち葉が舞う中、人という人がどこかに蒸発してしまったかのような中を走る。

帰りに通った国道294号線は拾いものだった。関東にもこんな道があるのだ。真っ平らな畑の中を直線が続く。北海道のスケールには及ばないが、10kmほども信号で止まらずに走ったのは初めて。流れは相当速い。

北関東は神奈川とは違った土地だ。走っても走っても平らで、山が迫ってこない。アドレスV125くらいなら何度でも最高速に挑める(私はしないし、みなさんもしてはいけないが)。

新緑の頃、盛夏、紅葉と、季節を変えてまた訪れようと思う。


往路は銀座から日本橋を抜けて国道6号を使った。日曜朝の銀座を走る快感がこれほどとは思わなかった。四丁目の和光を抜けると最近では忘れがちな「よそゆき」の感じかする。アップルやシャネル、カルティエの店舗が並ぶ中をたった1台で駆け抜ける。舗装材が白くて(東京高速道路のサイト)道路まで高級感があるじゃないか。

日本橋にさしかかると、髙島屋も三越も栄光を背負って建っている(三井不動産のサイト)。


途中6号線で「インド・ネパール料理」という看板を見かけた。場所を覚えていなかったので、運良く帰りに時間が合えば食べようと思った。そうしたら、なんと帰路に通った国道294号が6号線に接続する交差点だった。これはカレーのお導き(?)ではないかと思い、おいしい昼を食べた。

071204_1002001_2


Rokata

071209_1235001_2

« 2007-12-07 ブレスサーモ | トップページ | 2007-12-16 対価を払う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138413/9326417

この記事へのトラックバック一覧です: 2007-12-09 感動の茨城:

« 2007-12-07 ブレスサーモ | トップページ | 2007-12-16 対価を払う »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ