« 2007-12-24 ポンッと | トップページ | 2007-12-31 風防、残念 »

2007年12月30日 (日)

2007-12-30 防寒仕様

注文しておいたハンドルカバーと風防とが来た。

ハンドルカバーは山本工業の#130、通称セフティーメイト。ほぼ密封式で、風を防ぐ機能は高そうだ。構造は大きな指なし手袋(ミトン)とでもいうもので、方向指示器等のスイッチはカバーの外に位置することになる。カバーは厚地だが、スイッチの部分は薄くなっているので操作に問題はない。

風防はバックミラーのねじを利用して支柱を立てて固定する。

走ってみて感心したのがハンドルカバーの恩恵だ。風の遮断をカバーが受け持ってくれるので、手袋は保温だけを考えればいい。外気温5度くらいだと夏物の手袋でもだいじょうぶだ。寒くないというより、暖かいとさえ感じる。山本工業の#130は蓄熱保温素材を使い、抗菌防臭加工をしてあるそうだ。説明書には耐用年数1年とあるが、これはおそらくスイッチ操作をする薄い部分が破れてくるからではないか。

風防を付けて走り出してすぐに気づくのが風の巻き込み音だ。メーター読み30km/hくらいでボーボーと気になり、50km/hくらいになると相当うるさく感じる。上半身に当たる風は劇的に弱くなるが、この音をずっと聞いているとかなり疲れそうだ。

音になれるかどうかが問題だと思う。風防の評価はしばらくしてから再度行おう。

« 2007-12-24 ポンッと | トップページ | 2007-12-31 風防、残念 »

コメント

ハンドルカバーがあると寒さと雨の日に助かりますので、バイクの必需品ですね。
一年中付けています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138413/9637243

この記事へのトラックバック一覧です: 2007-12-30 防寒仕様:

« 2007-12-24 ポンッと | トップページ | 2007-12-31 風防、残念 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ