« 2008-07-25 コーナリング | トップページ | 2008-07-27 大井川沿い »

2008年7月25日 (金)

2008-07-25 行く川の流れは絶えずして

前ブレーキパッドをデイトナ「赤パッド」にしてから、ブレーキ動作が快適だ。

ときどき安全な場所で急ブレーキの練習をしてみるが、私の思いこみと実際とは違うものだ。

1.前輪がロックするまでのコントロールは練習で身につけることができる。練習しないといつまでたってもできない。

2.アドレスV125はタイヤ幅が広くて車両が軽いので、思っているより大きな(マイナスの)加速度で減速できる。

3.大きな加速度を感じても、空走距離を含めた停止距離は意外に長い。

ライディング学校で練習すると、「ブレーキって、こんなに強烈に効くんだ(効かせてもいいんだ)!」と感心する初心者はとても多いはずだ。近年のタイヤの性能向上は著しい。

アドレスV125に乗り始めた当時はレバーをパッと握ってパッと放していた。最近意識して「じわっと」操作するようにしてみたら、トータルの制動距離が短くなったようだ。少なくとも体感上は余裕を感じるようになった。制動力が立ち上がっていく時間・抜けていく時間を意識するようにするといいようだ(ほんの一瞬のことだが)。

« 2008-07-25 コーナリング | トップページ | 2008-07-27 大井川沿い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138413/22538630

この記事へのトラックバック一覧です: 2008-07-25 行く川の流れは絶えずして:

« 2008-07-25 コーナリング | トップページ | 2008-07-27 大井川沿い »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ