« 2008-07-23 安いのか高いのか(続) | トップページ | 2008-07-25 行く川の流れは絶えずして »

2008年7月25日 (金)

2008-07-25 コーナリング

公道を走る限り、車の性能や限界的な技能ではなく、どれだけ安全マージンを削ってしまうかで速さが決まるように思う。物理の法則の支配下にあるので、速度が高ければいろいろな意味で危険は増す。

アドレスV125なら「つばきライン」(神奈川県箱根)の下りでスーパースポーツを追い回すこともできるだろう。そういうとき、スーパースポーツの乗り手が「乗れていない」よりは、単にアドレスV125が命知らずというのが真実ではないか。

免許更新の講習などで毎度おなじみの「速度の出し過ぎは危険」という言葉には真理が詰まっている。あまりに唱えられるので聞く方が麻痺してしまっているのだが、速さは危険に直結していることは常に意識したいと思う。

速度は安全のための時間と距離とを奪う。あと 30m 、あと 0.5秒あれば生き残った人は多かったろう。人の命を奪わずにすんだ人は多かったろう。

アドレスV125のコーナリングも、ついペースが上がることのないようにしよう。

« 2008-07-23 安いのか高いのか(続) | トップページ | 2008-07-25 行く川の流れは絶えずして »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138413/22535619

この記事へのトラックバック一覧です: 2008-07-25 コーナリング:

« 2008-07-23 安いのか高いのか(続) | トップページ | 2008-07-25 行く川の流れは絶えずして »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ