« 2008-07-27 大井川沿い | トップページ | 2008-07-27 10,000km 点検 »

2008年7月27日 (日)

2008-07-27 燃費の謎

猛暑の日にバイパスで速い流れに乗って走る(アドレスV125のエンジンに余裕はほとんどない)のと、山間部で1.5車線の狭い道を走るのとで燃費率があまり変わらないというのがおもしろいところだ。針の位置と残量とが非直線でも、燃費率が安定しているので走行可能距離を正確に判定できる。

1.燃料をいっぱいに入れると針は目盛りを外れて上方に張り付く。
2.針が動き出すとおそらく 1.5L ほどを消費しているはずだ。
2.目盛り上限を指すと約 2L を消費している。残量は 4L なので、約 150km は確実に走れる。
3.目盛り下限をわずかに下回ると残量は約 1L なので、40km 以内に給油する必要がある。

山間部に入る前に針が目盛り内を指しているようなら給油しておくほうが無難だ。反対に、給油所の多い主要道沿いなら目盛り下限から 20km くらい走ってから給油所を探しても十分だ。

« 2008-07-27 大井川沿い | トップページ | 2008-07-27 10,000km 点検 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138413/22579404

この記事へのトラックバック一覧です: 2008-07-27 燃費の謎:

« 2008-07-27 大井川沿い | トップページ | 2008-07-27 10,000km 点検 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ