« 2008-08-12 実用車 | トップページ | 2008-08-13 比較 »

2008年8月13日 (水)

2008-08-13 投げだしか直下か

アドレスV125に乗るとき、みなさんは足はどうしているのだろうか。

私は足を床板のいちばん後ろまで引き、つま先をやや開いた状態で乗っている。自動車販売店のガラスに映る姿を見ると、行儀良く座っているという感じだ。

今日は試しに足を前方に投げ出し気味にして走ってみたが、すぐに私に合わないことが判明。腰が疲れるし、機動が遅れがちになる。足が常にずり落ちてくる感覚があって慣れることができなかった。従来の乗り方に変えたら、足が自分の体の脚部の重さを支えていることがよくわかった。

私は身長 180.5cm だが、この乗車体勢には無理がない。いままでに日帰りで 500km 超を1回、次いで 400km 超を3回走ったが、姿勢由来の疲れは感じなかった。

見たところ乗車姿勢はきゅうくつそうだが、床板上面が低いので(床下にはバッテリのみ収納)下半身はけっこう楽なのだ。各メーカーのサイトではきれいな絵図を入れてスクーターを紹介しているが、下半身のおさまりの参考となる「シート上面地上高-床板上面地上高」も紹介してくれると消費者の参考になると思う。アドレスV125と 250超の大型スクーターとの数値はあまり違わないはずだ。

« 2008-08-12 実用車 | トップページ | 2008-08-13 比較 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138413/22961224

この記事へのトラックバック一覧です: 2008-08-13 投げだしか直下か:

« 2008-08-12 実用車 | トップページ | 2008-08-13 比較 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ