« 2009-01-1 リコールふたたび(アドレスV125) | トップページ | 2009-02-01 マフラーに錆発生 »

2009年1月25日 (日)

2009-01-25 思い出に残る富士山

晴天だったので、少し遅めの出発で富士山を見ようと走り出す。
道志みち(国道413号)から都留経由で富士五湖を考えたが、道志みちが凍結しているはずなので(前回は恐かった)国道246号で御殿場へ向かう。

御殿場から富士山スカイライン(静岡県道23号線~180号線)で富士宮まで走った。途中数キロにわたって雪が溶けずに残っていて、それこそ歩くような速度で走る。路面に雪が残っている区間はゆるい下りで助かった。

雪が凍った路面でも新品タイヤだとなんとか走るものだ。前後のブレーキレバーに軽く指を当てる程度にして走る。少しでもレバーに力が入ると「風呂場のせっけん」状態は間違いない。自車だけなら両足で路面を蹴って路肩に突っ込んで止まればいいが、後続や対向があるので速度はしっかり抑えて走った。

今日は朝から日没まで、富士山には一切雲がかからず、様々な角度から偉容を楽しむことができた。横浜から見慣れたなだらかな姿が一変し、険しい山に見えたりして見飽きることがない。

富士宮市では課題であった名物富士宮やきそばを食べることができた。なかなかおいしいものだ。

アドレスは絶好調。エンジンオイルを交換したときにレベルゲージの中間になるよう給油してもらったのが良いのかもしれない(いままでは昔気質の先代が上限まで入れていた)。気のせいか、高回転域が楽に回るようになった。取扱説明書ではオイル交換は 6,000km 毎だが、前回は 3,500km で明確にエンジンがガサついた感じになり、交換したらはっきりと違いがわかった。私の個体はオイル消費はほとんどないので、オイルの量は少なめで管理してみようと思う。

« 2009-01-1 リコールふたたび(アドレスV125) | トップページ | 2009-02-01 マフラーに錆発生 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138413/27457516

この記事へのトラックバック一覧です: 2009-01-25 思い出に残る富士山:

« 2009-01-1 リコールふたたび(アドレスV125) | トップページ | 2009-02-01 マフラーに錆発生 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ