« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月23日 (月)

2009-02-23 保険

自動車保険の人身傷害補償特約については知らなかった。運転者として恥ずかしい。この数年のうちに登場した商品ということだ。

販売員の言うがままに加入している人も多いと思うが、保険証書をじっくり検討することも必要だと感じた。

2009年2月22日 (日)

2009-02-22 短い風防

バイク用品のデイトナがアドレス用の風防を発売している。
スズキ純正や旭風防の長尺物よりも短く、搭乗者の頭部は風防の外になるだろう。

以前に長尺物を試したときには、私の体格・乗車姿勢に合わず、不整気流の音に耐えられなかった(断続的なばたつき音)。

短い風防なら防寒に役立つかもしれない。価格が少々高いが、外観も悪くないと思う。

2009-02-22 山梨県櫛形山

アドレスブログ仲間のグータンさん、近所の Honda Forza 乗りのはまカフェさんと待ち合わせて山梨方面に出かけた。2009年2月19日(木)。

詳細・写真はお二人のブログに任せる。

感心したのは土・日と混む場所がまったく違うことだ。晴天の週末には駐車場所がなくなる国道139号線「道の駅なるさわ」など、閑散として店の人が気の毒なほど。

国道300号「本栖みち」や国道413号「道志みち」も前後を走る車はほとんどなく、自分たちで決めた速度で走れる。

グータンさんの案内で走った林道はアドレスの強さが生かせる曲路で、富士山や南アルプス市の景観がすばらしい。

2009年2月11日 (水)

2009-02-11 ヘッドライトは早めに

今日は自動車運転の話。もっと早く点灯しよう。

夕方になって少しずつ暗くなってくるが、ライトを点灯する自動車は少ない。これは「わかってないドライバー」であることを宣伝しているようなものだ。

点灯して車内の計器が明るくなるのがわかるようならさっさと薄暮灯(スモール灯)を点灯しよう。

信号や商店の看板が明るく感じ始めたら、前照灯の時間だ。ごく普通に下向き灯(ロービーム)を点ければいい。

「わかっていないドライバー」を演じるのは簡単だ。車幅灯の次にフォグランプを点灯すればいい。素人丸出し。日本人特有の
「まだ前照灯を点けるほどではないから...」
という、根拠のない考えによるものだ。

薄暮時に前照灯ではなくフォグランプを点灯するのはまったく意味がない。
・通常、消費電力は前照灯と同じ 55W であり、発電機の負担は同じ。
・前照灯よりも被視認性・照射性が劣る。
・上方に光が漏れる粗悪品も多々あり、対向車の迷惑。

ヨーロッパ・アメリカがなんでも進んでいるとは限らないが、早々と前照灯を点灯するドイツなど、さすが自動車交通の歴史が長く、合理的な発想の国だと思う。

憶えておいてほしい。最も安全で他車に迷惑がかからず、歩行者にとっても安心なのはごく普通のヘッドライトだ。大雨や霧でもないのにフォグ灯を点けているのは「私はわかってません」と宣伝して回っているようなものだ。

2009年2月 1日 (日)

2009-02-01 マフラーに錆発生

2009年1月25日に富士山に出かけたとき、融雪剤が車体に付いた。

今日は昼間暖かくなったので、水洗い。

悲しいことに、排気管がマフラーに溶接してある場所に赤く錆が浮いているのを発見。いままで洗車したときには気づかなかったから、融雪剤が付いたまま一週間置いておくうちに発生したのだろう。

後サスペンションのダンパー室にも赤い錆の色が付いた。

屋根付き車庫に車体カバーで保管しているので、条件はそれほど悪くないはずなのだが、やはり鉄は錆びるということか。

錆が進行しないうちにマフラーを外してサンドペーパー処理をし。耐熱塗料を塗らねばなるまい。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ