« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月28日 (日)

2009-06-28 ホンダ「フェイズ」発売

ホンダが新型250スクーター「フェイズ」を発売しました。軽量・簡潔な装備・低価格です。フォルツァがライバル各車との競争で豪華・複雑・高価の一途で価格が軽自動車の5~7割ほどまでに達してしまったことを受けてでしょうか。

・無線キーなし
・シート下収納容積削減
・電子制御変速機なし
・一灯ヘッドランプ
・ABS設定車あり
・フォルツァ比16Kgの軽量化
・エンジンは最新

経済不況にすばやく対応できるのがさすがホンダです。それでいてABS装着車を設定するあたり、安全装置の普及を狙っているようですね。前軸荷重か少ないスクーターのABSはとても有効だと思います。

スカイウェイブ250乗りとしては約40Kgの重量差が気になりますね。スーパーマーケットで売っている米の袋4つを積んで走るようなものですから...。

2009-06-28 やっちゃいました

ときどき見聞きする「立ちゴケ」。

へー、そんなカッコ悪いことするヤツ、世の中に多いんだなと思っていたら、スカイウェイブ250を倒してしまいました。狭い道のUターンです。

止まっている二輪車を倒したのは生まれて初めてです。

動き出せば軽々と走るので、ちょっと油断しましたね。

ただ、右にハンドルを切ってのUターンで倒すことをスズキは研究していた(本当か?)らしくて、

・右に倒すと、マフラーが最初に接地する
・マフラーの取り付けは頑丈で、変形しない
・従って右足が車体の下敷きにならない
・簡単に立て直しができる
・車体の傷はマフラーの膨張室入口付近の角に少しだけ

ないしょでフルロックUターンの修行でもしようと思います...。

数日続く寝不足で力が入らなかったこともあるようです。乗り物に乗るときには体調万全でいきたいですね。

2009-06-28 実はけっこう速い

この数日はまとまった距離を走っていません。

昨日は神奈川県内でワインディングを少し。

装備重量 221kg のためか、最大出力回転数(7,500rpm)まで使っても「ぐーんと伸びる」ような感じはありません。ただ、単気筒らしくなく実になめらかに回ります。変速モードを 7AT-AST (コンピュータ補助付き手動7段変速)にするとエンジンがいちばん活躍する 6,000 - 8,000rmp を外さないで走り回ることができ、なかなかの速さです。

こうした状況ではスロットルシフトは常時 ON ですね。シフトダウンさせるための「ひとひねり」はほんのわずかで足りるので、すぐに慣れてスムーズに使えます。

車体の性能は私には十分で、いつでも安定した走りです。アドレスV125でコーナリング時に路面がうねっていると
「だ、だいじょうぶか?!」
と相当冷や汗をかけますが、スカイウェイブ250ではたいてい何事もなかったように通過してしまいますね。


ワインディングでのスカイウェイブ250で一番気に入っているのがコーナリング前半の落ち着きです。ブレーキや乗り手の体重移動、方向変換といった様々な入力や動きに対する反応が神経質ではなく、かといって鈍いわけではなく、とにかく安心です。「うまく乗せられている」気がして、乗り手はいつもリラックスしていられますね。

2009年6月22日 (月)

2009-06-22 雨がたくさん

雨の日が多いですね...。

隙をみて走ろうと思っても、鉛色の空だと気分もいまひとつ。

でも、すぐにあの暑い暑い、目もくらむ夏がやってきますね。

2009年6月15日 (月)

2009-06-15 粉がたくさん

スカイウェイブの後輪、リム部分の円周内側に黒い粉が付着します。ふき取ってもまたすぐに付くので、後輪にワイヤ錠を通す人は手が黒くなって苦労しているのではないでしょうか。

ブレーキパッドの粉かと思いましたが、パッドがもっと減るはずの前輪はたいしたことがありません。ひょっとすると変速ベルトが粉になっているのでしょうか?動作条件が非常に厳しく、強制空冷している部品ですから、粉が排出されても不思議ではないですね。

2009年6月14日 (日)

2009-06-14 スカイウェイブがたくさん

今日は 30km ほど走りました。

1.スカイウェイブがたくさん
わずか20分ほどの間にスカイウェイブを6台も見掛けました。しかも、その間に見た他の中・大型スクーターはなし。こんなこともあるんですね。車体カウルの面構成が独特です。発売から2年以上経過していても古さは感じませんね。

2.変速
登りの自動車専用路入口をCVTドライブモードで加速してみました。スロットル全開でも 7,000rmp まで回りません。電子制御なのにどうしたことでしょう。こういうときにはパワースイッチを使えということでしょうか。本線で速度が 80km/h を越えたあたりからは 7,500rpm まで回ろうとします。最大出力を使って上り坂を走るには 7MT-AST モードがいいのかもしれません。

2009年6月 7日 (日)

2009-06-07 スカイウェイブ250、なめらかな単気筒

スカイウェイブ250Mを購入して2ヶ月と少しになりました。走行距離は 3,000km です。 自動車専用路を使えるのと流れの良い道路で速度が速くなるのとで週末だけ乗ってもけっこう距離計が進みますね。

今日は用事を済ませた後に「ちょっと」のつもりで出発です。横浜市も南西のはずれだと田園で、さーっと流すとなかなか気持ちいいです。藤沢市の慶應義塾大学SFCの近くから狭い道を走って厚木に出ました。このあたりも緑豊かでいいですね。畑のそばに地蔵や庚申塔があって、なんというか、原風景だなあと。

厚木から小田原厚木道路で平塚まで走ります。日曜の午後5時に西向きだと前にも後にも車がいません。メーターは 80km/h・5,300rmp で実に快調。今日気づいたのですが、単気筒なのに 4,000rpm 以上の振動が少なくてとてもなめらかに回りますね。エンジンにバランサーは使っていないようですが...。

平塚から県道63号で「中沢橋」交差点を右折、神奈川中央交通が開発・分譲中の「湘南めぐみが丘」に行ってみました。鉄道駅のない場所ですが、もうすっかり家が建ち並んで住宅地になっています。高台なので遠くが見えて、夜景がきれいでしょうね。

2009年6月 6日 (土)

2009-06-06 ハイオクガソリンのその後

以前静岡県富士市で入れたプレミアムガソリン(ハイオク)をほぼ使い切り、いつものレギュラを給油しました。

給油前に注意深くエンジン音を聞いてみましたが、シフトモードを 7AT にして低回転を使うときのわずかなノッキングがみごとに消えますね。ただ、このノッキングが出るのは限られた条件でほんのわずかな間なので、レギュラ使用でも気にはなりません。

ハイオク使用中の燃費は特に変化はありませんでした。

2009年6月 2日 (火)

2009-06-02 神奈川県内の細切れバイパス

今まで走ったことがないところに行ってみようと思い、横浜新道から新湘南バイパスに入りました。不人気路線とのことで、たしかにすいています。70km/h でも 100+km/h でも、自分で決めた速度で走れてしまいます(制限は 80km/h)。

終点の茅ヶ崎海岸から国道を少し走り、西湘バイパスも走ってみました。この道は25年ぶりくらいですね。圏央道など最近の高規格道路を見慣れていると古さを感じさせます。横浜新道・新湘南バイパス・西湘バイパスと走りましたが、こうした場面ではETCは本当に便利です。

バイパスでも、都会や住宅地付近にはスクーターが似合いますね。

アドレスV125から乗り換えて自動車専用道路を走れるようになり、今までの時間の感覚を改めなければいけないと思いました。小田原や横須賀まではそれこそ「朝飯前」に往復できそうです..。速度が 80km/h くらいになると、スカイウェイブ250Mは水を得た魚のように元気ですね。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ