« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月26日 (日)

2009-07-26 ワゴンR驚異の燃費

ワゴンRの燃費に驚いています。

給油したのはまだ2回ですが、共に 20km/L を上回っています(満タン・距離計法)。渋滞でも高速でも燃費があまり変わらないというのは軽自動車の特徴ですね(1.5L あたりの自動車と違って、高速道路が圧倒的に有利とはならない)。

今日はエアコンを使って走りました。コンプレッサに馬力を食われるのがはっきりわかるんですが、燃費計の表示によると 1km/L ほどしか悪化していないようです。広い室内ですが、けっこうまともに冷えますね。

燃料タンク容量は 30L ですが、いままでのところ 530km は安心して走れています。給油回数が減ると楽ですね。手間を減らすのも性能の一部だと実感...。

2009-07-26 変速コントローラユニット交換完了

昨日のうちに交換が済んだようで、朝すぐに
「できましたよー」
と電話がありました。

暑いので取りにいったのは夕方でしたが...。

変速各モードで走ってみましたが、変化は感じ取れませんでした。

代車のレッツ50からスカイウェイブ250Mに乗り換えると感動です。まさしく
「大船に乗った」
気分ですね。

日が沈んでから少しだけ近所を走りました。三日月(月齢は4ですが)がきれいでした。スカイウェイブが走ると月が着いてくるのが不思議です。

メタセコイアの並木はきれいですね。最近見つけたのは:
1.東京都多摩市鶴牧4丁目
2.慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス周辺の延伸中の地方道

2.の夕方は特に好きです。神奈川にもいいところがあるなと思います。

2009年7月25日 (土)

2009-07-25 サービスキャンペーン入庫、レッツ5インプレッション

スカイウェイブ250Mのサービスキャンペーンのために入庫してきました。
作業内容は無段変速機制御ユニット(コントローラ)の交換です。プログラムをバージョンアップしてもよさそうなものですが、そうしないのは
・対策済であることがユニット外観でわかるように
・専用ケーブルや診断機を使わない
という理由でしょうか。、

「お客様の車が当店作業第一号ですので、念のため時間に余裕をいただけますか」
とのことでした。スズキ発行の作業指示書をちらっと見せてもらいましたが、写真入りで何ページもあり、想像していたよりずっと立派なものでした。

技術レベルが必ずしも均一ではない全国の販売店・整備工場で作業するのですから、対策部品の製造・設定、取り付けからテストの説明書を用意するのはたいへんです。まあ、メーカーの「腕の見せ所」でもあるはずですが...。

変速機の制御機構の交換なので、試運転が必要とのことです。

「試運転走行しますので、距離計が少し進みます。ご了承ください」
と伝えられました。


スカイウェイブが一晩お泊まりなので、代車(帰宅車)を貸してくれました。スズキ レッツ5。走行 125km 、ピカピカの新車です。以前乗っていたアドレスV125Gの弟分みたいですね。

・軽い。さすが 50cc
・距離計が4桁(千キロ台)。1万キロ走らない設計か?!
・燃料噴射! 排気管に酸素センサが付いている
・スタータ/キック併用
・アイドリングの振動はちょっと大きめ
・走り出すと振動は消え、快適
・4ストロークエンジン特有の「もわーっ」とした加速感
・速さは、まあ、こんなもの
・直進安定性やコーナリング特性という言葉とは無縁
・メーター内の赤い速度警告灯が 35km/h で点滅!
・前後ドラムブレーキは新車だけあって安定した効き
・サスペンションはちゃんと動いている

この代車で感激したのは、見慣れた景色が違って見えることでした。時速 35km で走ると、木陰に入れば空気がひんやりするのを感じるし、木の葉は一枚ずつ見えます。ヒグラシの声がにぎやか。気づかなかった小鳥やトンボも見えてきます。

2009年7月24日 (金)

2009-07-24 アドレスV125G 日本一周中

ブログ「アドレス放浪記」のゆーいちさんが大放浪に出かけました。

専用のブログ「日本一周放浪記」でこまめに様子を書き込んでいらっしゃいます。
地元の特産・見どころを伝えてさしあげるのも良いかなと思い、ご紹介します。

2009年7月23日 (木)

2009-07-23 スカイウェイブ250M(CJ45A)サービスキャンペーン

販売店モーターサイクルドクタースダから電話がありました。

スカイウェイブ250Mのサービスキャンペーンだそうです。
ハガキやうわさ話の前に販売店が電話してくるというのはいいですね。

アドレスV125Gでもリコールやサービスキャンペーンを経験してきたので、なんだかちょっと慣れてしまいました...。

今回はタイプM特有の電子変速機の制御不具合だそうです。

2009年7月21日
スカイウェイブ250 タイプMのサービスキャンペーンについて

他のメーカーのサイトも見てみましたが、どこもリコールやサービスキャンペーンは多いですね。まあ、すぐに改善なので前向きにとらえましょうか。

2009年7月18日 (土)

2009-07-18 ワゴンRインプレッション(2)

スカイウェイブ250のブログなのにその他の記事を載せて恐縮ですがもう少しだけ。

スズキ ワゴンR MH23Sのインプレッション その2です。

神奈川県道77号周辺の山の中を少し走りました。急カーブが続く道はけっこう得意ですね。電動パワーステアリングはとても自然な手応えです。適度にクイックなので、ぐるぐるとステアリングホイールを回す必要がなくて走りやすいですね。

サスペンションもまずまずでしょうか。145の細いタイヤの性能を十分に引き出しています。ワゴンボディなので最終的にはアンダーステアが強く出るのですが、限界に到るまでの経過がしっかりと伝わってくるので不安がありません。2速・3速を使うゴルフ場の周囲の道をきびきびと走ることができました。

後輪の横方向の位置決めがはっきりしないような感触が伝わってくるときが(わずかに)ありました。背が高いからかもしれません。

下り坂でのブレーキも前後のバランスが良く安定しています。ただしチェックメイトカントリークラブ(神奈川県松田)の急な坂(登りは2速多用)を半分くらい下りたところでみごとにフェードしました。例のにおいが漂います。きびきび走るからといって下りでスロットルを開けるような走りは禁物ですね。

フェードはけっこう急にやってきます。以前に経験があるのであわてずにすみましたが、ブレーキペダルを踏んでもスピードが落ちない薄気味悪さはなかなかです...。


帰りは東名です。メーター読み速度が 100km/h を越えても静かなので驚きました。これに比べたら平成5年型のヴィヴィオの勇ましい音は産業用大型ミシンです。軽でもここまで防音しなければならないとは、スズキ・ダイハツ合戦は厳しいのですね。三気筒ですが、振動はまったく感じません。

高速道路での直進性は非常に優秀で、ワゴンRが勝手にまっすぐ走っていくかのようです。85km/h から4速にシフトダウンしての追い越しもまずまずで、車線変更も落ち着いていました。

2009年7月12日 (日)

2009-07-12 ワゴンR 点数高

ワゴンR に大人4人が乗車する機会がありました。

マニュアル車なのでちょっと心配でしたが、軽々と走って1人乗車時とさほど変わらない印象を受けました。クーラーを使わずに済んだのも良かったのでしょう。

自動車には興味のない皆さんでしたが、
・後席が広い!
・座面が高く、天井も高く、乗り降りしやすい!
・車内がすっきりしたデザインで好ましい!
と、ほぼ絶賛でした。ふだん価格の高い自動車に乗っていると、スズキ流のそっけない内装も新鮮に映るようです。手動変速については一言もコメントなし。子供だと
「わー、バスみたい!」
と受けるのですが...。

走っていて重いとは感じませんでしたが、平均燃費計はしっかり悪化を示しました。流れの良い地方道という最も燃費が良い条件でも 18.6km/L です(1人乗車時は 20km/L くらい)。

2009-07-12 危ない...高速道路での眠気

神奈川県の広域農道2本を走ってきました。高低差は大きいものの、中・高速コーナーの爽快さはなかなかです。

今回初めて白バイを見ました。サーキットに見立てて走っている人もいるようなので、巡回は必要かもしれません。

スカイウェイブ250Mの車体性能はなかなかのものですが、軽い下りの「しましま舗装」(速度抑制)コーナーで7速 6,500rpm の速度では挙動がちょっと落ち着きませんでした。ダンピングが足りないのでしょうか。路面が平坦になるか、速度をわずかに落とすとずっと落ち着きます。


帰りは松田から東名高速です。海老名SAを通過したころから猛烈に眠くなり、休憩を入れなかったのを本当に後悔しました。以前沼津から走ったときに眠くなったのと同じ状態です。流れは順調、速度はメーター読み 100km、マナーの良い車に囲まれて晴天の昼間と、条件は優良です。

西湘バイパスや小田原厚木道路、静岡県の静清バイパスで 80 - 90km/h で走るときには風圧もずっと少ないのですが、眠くなったことはありません。

東名特有の単調さが原因なのでしょうか。片側3車線なので、他車といっしょに走っていると 100km/h  でも周囲に変化を感じにくいようです。もっとも、四輪車で同じように走るときには眠くなりませんから不思議です。

高速道路を使えて便利になったと思ったのですが、東名はちょっと危険なので今のところは遠慮しておこうと思います。ホントに眠かったんです...。

2009年7月 5日 (日)

2009-07-05 スズキ ワゴンR インプレッション

さて、2008年末にモデルチェンジしたワゴンRについて一言。

「ま、これ一台でいいかな」
と言わせる自動車です。

納車のときに車に近づいてびっくりです。背が高い。前後も長い。これで軽自動車だなんて、まるで脱税スペシャルです。

乗り込んで感動です。シート座面が高く、ひょいと腰掛けるように乗れます。これは楽だなあ。ヴィヴィオだと「よっこらしょ」ともぐり込むようでしたから。ドアを閉める音も薄っぺらい音ではなく、いちおう自動車のドアの音がします。

ちょっと久しぶりのマニュアル車なので、ペダル位置の確認です。ああ、スロットルペダルがちゃんと右にあります。これはいいてすね。昔の軽自動車ではブレーキと間違えてスロットルを踏みそうでした(スロットルペダルがタイヤハウスに追いやられて)。

メーターは大きな速度計だけ!燃料はバーグラフで表示、あとは積算計・ツイントリップ計・燃費計兼用のデジタル表示です。水温は低すぎるか高すぎるかすると警告ランプが点灯。運転者には余計な情報は伝えないということでしょうか。

エンジンは軽々とかかり、3気筒の振動がわずかに伝わってきます。音は静かですね。

さて、音が静かなのはいいのですが、タコメータがないので走り出すときのスロットルの踏みかげんがよくわかりません。クラッチをつないでいって、それに合わせてスロットルを踏むようにして発進です。昔はみんなこうして走っていたんだな。

走り出すと振動は消え、音も静かで快適です。

前後左右の視界は良好です。左右の後方ミラーも手抜きなく良いものが付いています。車体軽量化のためAピラーが太いのはしかたがないですね。右コーナーで前方がちょっと見づらいときがあります。

手動変速の手応えは思っていたほど悪くありません。安手のケーブルリモコンですから「ブヨン・ゴリン・ガコッ」ですが、実用上十分です。クラッチペダルはつながり始めから完全につながるまでのストロークが長く、ちょっと慣れが必要です。

車に慣れないうちは前の車との車間距離がなぜか不足気味になります。スロットルを閉じてもどんどん前に走っていく気がするんですね。前方の信号が赤になったときにニュートラルに入れてみたところ、転がる転がる、ボーリングの球のようです。標準タイヤが燃費指向(ダンロップ SP10 145/80-13)ということもあるのでしょうが、パワートレイン(変速機・デフ・等速ジョイント)やホイールベアリングの抵抗を徹底して減らしてある気がします。正直なところ、こんなに抵抗がなくてベアリングは大丈夫なのかと心配になるくらい...。ここまでやらないとムーブに燃費で追いつけないんですね。

後席はとても広く、座面が高くて乗り込みやすいので雨の日の送迎などでは絶賛です。後席を後にスライドさせると足が組めるくらいなので、たくさん買い物をしてもだいじょうぶ!


いままで平成5年型のスバルヴィヴィオだったので、すべてに技術の進歩を感じます。走っていて感動です(ドイツのPやイタリアのFに乗り換えなくても簡単に感動できますので、おんぼろ自動車はおすすめです)。

国道を使った桜エビドライブでは平均燃費計は 20.3km/L を示しました(エアコン区間なし・1名乗車)。とにかくガソリンが減りませんね。途中みかん山を1速・2速で登った区間もあるので立派なものです。

従来型のハロゲンヘッドランプですが、とても明るく安全です。室内から光軸を上下できるので後席に2人乗っても対向車にまぶしい思いをさせずにすみますね。

2009-07-05 浜のかきあげや

国道1号線沿いの静岡県由比漁港に「浜のかきあげや」があります。とれたての桜エビを出す店で、その場で食べてもよし、持ち帰ってもよし。

この前は日曜の午後1時過ぎに立ち寄ったら大行列であきらめました。今回は走行 400km のスズキ ワゴンR の慣らしを兼ねて桜エビを狙います。

行列は短めで、10分もしないうちに順番が回ってきました。「由比丼」(ゆであげの桜エビ+しらす)と、桜エビのかきあげにしました。合計 900円 です。

新鮮な材料だとすっきりした味でおいしいですね。あっという間に食べてしまいます。なるほど、行列ができるわけです。かき揚げの油も軽くてサクサクです。

この場所を昼どきに通る機会がなかなかないのですが、またぜひ食べたいと思います。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ