« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月24日 (月)

2009-08-24 スカイウェイブ インプレッション 高速道路編

ETC・ETC割引だと、自動車専用道を気軽に使うようになりますね。アドレスV125G時代の癖で、所要時間を一般路で考えてしまいます。高速道路を使うと早く着いてびっくりです(そのうち慣れてしまうのでしょうけど)...。

スカイウェイブ250Mの高速道路体験も数百キロになったので、少し感想など。二人乗りはまだ試していません。

【加速・速度】
私にとっては十分です。エンジンの高回転域を使いますが、この車の高回転は音も振動も無理している感じがなく、気持ちよく使えます。DOHC4バルブ・19kw(25.8PS) という高回転寄りのスペックから想像するとおりの性能ですね。上り勾配でも楽々です。メーター読みで 90km/h、6,000rpm 付近が風圧も少なく快適です。

7At-AST(マニュアルモード)でいつでも 8,000rpm +まできっちり使えるので、「パワーバンドに入らない」というイライラはありません。これは美点ですね。

追い越し加速は排気量相応で「ほどほど」ですから、先を急がず走りましょう。

【安定性】
安心です。横風にも強いと思います。

【乗り心地】
路面の凹凸は少し拾いますが、満足です。スクーターは乗り心地よさそうに見えますが、荒れた路面ではスポーツ車のほうがずっと快適ですね(ばね下重量が違いすぎ...)。硬めでちょっとそっけいないシートも快適で、数時間まとめて走っても尻や腰が痛くなりません。

【振動】
回転数に関係なくハンドルグリップに少し出ます。しびれるほどではありませんが、車を止めると手がわずかにじーんとしてます。ミラーは常にくっきり見えて安心です。シートやフットボードの振動はまったく気になりません。

【燃費】
90km/h だと燃費計(かなり正確)は 34.5km/L くらいです。100km/h 6,700rpm を過ぎるとはっきりと燃費は悪化し、風圧との戦いを実感します。100~110km/h だと 28-29km/L くらいでしょうか。

【その他】
車の顔つきがちょっとコワそうなのか、前の車がけっこう道を空けてくれます...。

【総括】
「右手をひねればドンと前に出る」とか、「高いところから飛び降りたみたいな加速」というのを求める人はもっと大きいのに乗りましょう。

この車の高速道路での性能は、安全に目的地付近まで移動したいという目的には十分ではないでしょうか。

2009年8月23日 (日)

2009-08-23 日光(3)

赤城から県道69号で深谷に出ました。どうということのない地方道ですが、淡々と走れるのが(いつも渋滞の厚木街道しか知らないので)ありがたいものです。

深谷駅は赤煉瓦の立派な外観です。煉瓦調のタイルを貼ったものなのですが、そのいわれについては Wikipedia の深谷駅の項を参照してみてください。

深谷駅周辺は昭和50年台で時間が止まってしまったかのような商店街があり、一部は建物が朽ち果てています。自動車道と郊外型店舗とが発達した地方都市の典型のように思いました。こぎれいにしている喫茶店「風車」で昼食にします。

帰路は花園ICから関越道です。今日は東名・外環・東北・関越と、アドレスV125時代には不可能だった経路でだいぶ楽ができました。

本日の走行 511km
車載燃費計表示 34.5km/L

2009-08-23 日光(2)

国道120号でいろは坂を越え、中禅寺湖から金精峠へ。交通量が少なく、サイドケースを付けた大排気量(国産4気筒)2台に引っ張ってもらい(追いすがったともいう)、快調なワインディング走行になりました。スクーター故、車体性能の限界を感じますね。ユニットスイングがねじれる感じがないのは立派ですが、フロントが落ち着きません。ダンピングが弱いのでしょうか。

純正タイヤ(ブリヂストン HOOP B03[前] B02[後])の性能は私にとっては十分で、グリップ不足やダンピング不足を感じることはありません。エンジン・車体・タイヤのうち、タイヤがいちばん「速い」ようなので、ハイペースでも安心です。

 国道120号で沼田に出る数キロ手前「生枝」交差点から左に折れ、狭い道で片品川を越えます。おめあては「赤城西麓広域農道」です。この道はそのまま「赤城南面広域農」(からっ風街道)につながっていて、赤城山の南まで快適に走れます。

走っていてこんなに気持ちのいい道は神奈川にはありませんね。スーパースポーツならおそらく 160km/h から思い切りブレーキ、めいっぱいの旋回ができる箇所がいくつもありそうです。そして、そんなことをすると当然自分ばかりか他の人の生命まで危険にさらします。

残念なことに、大破した(シートが外れ、リヤタイヤがホイールから外れていた)ライムグリーンの二輪車を側溝から引き上げている場面に通りかかりました。警察が来ていたので、事故からそれほど時間が経っていないと思います。現場は十字路。減速せずに通過しようとして、出会い頭の自動車を避けようとしたのではないでしょうか。

私も十分安全マージンを取って運転していたつもりですが、コーナリング中にものすごい勢いで対向車とすれ違い、相対速度の大きさに肝を冷やしました。何もなければいいけど、予測していない何かがあったら...。

Dscf0672_2



Dscf0679_2



Dscf0681_2

2009-08-23 日光(1)

久しぶりの出走です。
しばらく出かけていなかった北部方面。

明け方に東名横浜から東京まで。曇りなので真っ赤な太陽が昇ってきました。首都圏の空気もけっこうきれいになったようです。

ずいぶん走っていなかった環状8号を北上します。西武線との平面交差は今は昔。時間帯のこともあって、あっけなく外環道入口に着きました。

バブル経済の頃、スキーシーズンは午前3時でも東名東京出口から関越練馬までレガシーツーリングワゴンだらけの渋滞でしたっけ...。

外環道から東北道に入ります。両方ともスカイウェイブ初です~。

心配していた高速道の眠気もまったく出ず、順調に佐野藤岡ICで出ました。

佐野藤岡ICからは東北道に沿った県道75号や高速道路の側道で次の栃木ICまで走ります。栃木ICで出ればよさそうなものですが、栃木の快適な県道を少し走っておこうと思って。

栃木ICから県道37・15・241号を使って鹿沼市付近まで到達し、そこから県道14号で日光に抜けました。静岡から山梨に抜ける道のように、走っていくと表情がどんどん変わります。センターラインのある快走路、落ち葉が貼り付くすれちがい困難な曲路など...。

もう、実りの秋は近いですね。
Dscf0666



林の緑と田の緑と。
Dscf0668

2009年8月21日 (金)

2009-08-21 洗車は整備の第一歩

相模川沿いの未舗装路(正確には割石舗装路)を走ったところ、後輪がほこりで「きなこ餅」状態になってしまいました。変速ベルトの粉やブレーキ粉もあるので、ずいぶん汚れてしまいました。

後輪を掃除すると外観の印象がずいぶん良くなりますね。気をよくして、変速機ケースのカバー(黒の樹脂製)に未塗装プラスチック用コーティング剤を塗ってみました。なんとなく白っぽく見えていたのが、しっとりと黒くなっていい感じです。ステップ周りやカウル内側の黒い部分も同様に手当てしました。

黒のプラスチック部分は日に焼けると白く変色してくたびれた感じになるので、少しでも防止になるといいのですが。

車の手入れをするといろいろと見るのがいいですね。タイヤの傷やマフラーの塗装、ランプレンズの曇りなどなど。

スカイウェイブは保管状況も悪くないためか*、塗装その他、とてもきれいです。

* 屋根あり駐車場、車体カバー使用

2009年8月16日 (日)

2009-08-16 フィアット バルケッタで行く真夏の日

「屋根なし車があるよ!」
というお誘いをいただき、御殿場まで乗ってきました。
往路は東名高速、帰路は神奈川県道77号です。

けっこうくたびれてはいるものの、まだまだしっかりしたフィアット バルケッタです。10年・10万キロを経過しています。

乗り込むと、シートが低くてびっくりです。「よいしょ」と着座すると、左足の置き場が広くて気持ちいいのは左ハンドル車ならではですね。各種スイッチは日本車と変わらず、とまどうことはありません。

DOHC4バルブのエンジンは低回転から力を出してくれるので、けっこうずぼらな運転が可能です。普段か細いトルクのワゴンRに乗っていると、バルケッタのエンジンはトラックみたい...。

エンジンやパワートレインのマウントが巧みなのか、横置FFでも駆動力の出し入れで発生するショックはごく少なく、変速が上手になった気がします。

パワーステアリングはほどよい手応えで、十分にクイックでした。ハンドルを回すと、車体が向きをすっと変えます。安全運転の範囲内では道のとおりにハンドルを回してぐいぐいアクセルを踏めば峠道も楽しく走れました。

一昔前のセッティングらしく、ばねを固くしてロールを制限する発想のようですね。東名高速の舗装の荒れは忠実に伝わってきます。峠道の速度制限のしまじま舗装は強烈に効きました...。

ガラスを通さない景色はひと味違います。屋根なし、いいかも...。

Dscf0662

2009年8月15日 (土)

2009-08-15 緑いっぱい

最近よく出かけるのが藤沢市~茅ヶ崎市~寒川町のあたりです。

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)から茅ヶ崎里山公園のあたりはちょっとした田園風景で、真夏でも日が傾いてくると涼しさを感じます。

今日はワゴンRで通りかかりましたので、写真を少し。

サギがたくさん飛んでいました(写ってないけど)。

Click to enlarge.
Dscf0652 Dscf0655

2009年8月14日 (金)

2009-08-14 積載量・変速モードと燃費と

バイク用品店に買い物に行きました。
高さがくるぶしまである夏物靴と、夏物手袋。

ここでスカイウェイブの積載能力のすごさを実感。
B4が入る書類かばんを入れていても、靴が箱ごと入る...。


anaさんのサイト「おそとだいすき~~」から参照できるブログにスカイウェイブ250Mの駆動系メンテナンスの記事がありました。変速プーリって2万キロくらいでも段付き摩耗するんですね...。
ただ、交換しても体感では違いがないそうですので、少しくらい段が付いてもだいじょうぶなのでしょう。

変速モードを7AT(7速自動)にしておくと燃費が良いのですが、今週からCVT(無段自動)にしてみました。プーリの段つきを見たこともありますが、変速する毎にベルトにショックが加わるのを避けようと思ったからです。

自動車で初めてCVTに乗ると、回転数が一定で速度が変わっていくのに慣れずに「不自然だ」と嫌う人がいます。私はCVTの四輪車に8年ほど乗っていたので、無段変速のほうがいかにもエンジンの力を合理的に使っているように感じます。

スカイウェイブ250Mでも久しぶりにCVTだけで走ると変速機の賢さを感じます。市街地でゆっくり走る時には 4,000rmp+ でスピードメーターの針がゆっくり上昇してくるのがちょうどいいですね。

燃費は7ATよりも数%悪くなるようです。燃料をどこで使っているのかはよくわかりません。ベルトを減らすエネルギーに化けているのか、加速が良くなっているのか、冷却水を無駄に温めているのか...。

2009年8月13日 (木)

2009-08-13 変わった音がした(暑い日)

今日は暑い日でした。都心に用事があってスカイウェイブ250Mで出かけましたが、交通の手段を間違えましたね...。休日現象(一般道は空いていて、首都高が大渋滞)で猛烈な暑さです。帰りに首都高に入ったのが大失敗でした。

外苑から大井南まで1時間ちかくかかりました。霞ヶ関トンネルや芝公園のあたりでは熱風責めで
「今後はいい子になりますから、早く通過させてください」
状態でした。

レインボーブリッジがノロノロ状態なのを見て、首都高1号に進路変更です。こちらはすいていて順調に帰り着きました。

さて、渋滞をよたよたと走って(歩いて)いると、なにやら変な音が聞こえます。自分の車じゃないと思っていましたが、周囲の自動車が変わっても同じ音が...。

「ヒョー」とも「ピー」とも聞こえるかすかな笛のような音が 0.5 ~ 1 秒くらい鳴っては止みます。そして、しばらくするとまた鳴る。水温計は中央とその上の目盛りとの間をいったりきたりです。順調に走って一般路に出たときには聞こえませんでした。

暑さで燃料タンク内のガスが膨張して、どこからか抜けていく音ではないかと思いましたが、なんともいえません。

2009年8月11日 (火)

2009-08-11 距離計を補正してみよう

スカイウェイブ250Mで小田原厚木道路を走ったときに、距離計の誤差を計ってみました。

切りのいい数字の距離標(キロポスト)でトリップメーターをリセットするだけです。10km ほども走れば誤差がわかります。

私の場合、道路の距離標が 20km 進んだところでトリップメーターは 20.8km 増えました。直進で4%の過大ですね。カーブだとタイヤ接地外径が小さくなるでしょうし、タイヤは摩耗していくので、実際の誤差はもう少し大きいと思います。

約 4% 多目に表示ということは、メーター読み燃費が 30km/L なら実際は 28.85km/L ですね。

2009-08-11 好きな道

神奈川県の地図を見ると、気になる場所がまだいくつかあります。

東名高速中井パーキングエリアからレインボーカントリークラブや日本バイオアッセイ研究センターを経て北にうねうねと伸びる道。道路地図の「白い道」なのに幅が広く書かれています。こういう道はまず間違いなく広域農道か、敷設途中の道で、走ると楽しい確率高し...。

雨が降る前にと、午前中にちょっと出かけてみました。東名で秦野中井まで。産業研究施設の集積地「グリーンテクなかい」は緑豊かなきれいな工業団地ですね。

震生湖に続く道の途中から東名高速の側道を通って中井パーキングエリアに到着です。ありました、センターラインのある道が。

二輪車の事故が多かったのか、しましま舗装になっています。


これだけでは走り足りないので、渋沢から神奈川県道708号で松田に抜けます。この道は気持ちいいですね。私の好きな道です。

さて、松田から神奈川県道720号と74号とが合流するファミリーマートを過ぎ、「運動公園入口」という信号まで。ここが南足柄広域農道の入口です。

途中数カ所のクランク(一般道との取り付け)を経て、小田原まで快走です。スポーツ車に乗っている人は自制心を働かせましょう。先が見えない急な登りの頂上を越えたらトラックが野菜の積み込み中!とか、左コーナーでインについたらトラクターがのんびり走行中!ということもあります。なにより、農業のための道ですので...。ただ、スーパースポーツに乗っている人は○×スカイラインと同じような速度域で走りたくなるでしょうね(先日は白バイが流していました)。

こうした快走路だと、スカイウェイブ250Mの 7AT-AST(マニュアルモード)で 8500rpm まできっちり使っても車体の重さを感じますね。普段はとても優秀なフロントフォークの減衰力もちょっと不足でしょうか。

重い重いエンジン・変速機をフレームの下にぶら下げているスクーターなのに、後輪の位置決めがしっかりしているのは立派だと思います。アドレスで感じた車体のぐにゃぐにゃ感がなく、150/70-13 の幅広タイヤの性能を十分に使えます。

小田原市「いこいの森」の終点から小田原厚木道路の荻窪ICはすぐ近くです。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ