« 2010-02-06  NV-LB50DT をスカイウェイブに搭載(1) | トップページ | 2010-02-08 久しぶり »

2010年2月 7日 (日)

2010-02-07 NV-LB50DT をスカイウェイブに搭載(2)

anaさんの取り付け方をまねて、軟質ビニールのカードケースにナビを入れ、ハンドル両側のブレーキフルードリザーバ(*)にひっかけるつもりでした。

ところが、NV-LB50DT は小型なので、もっとハンドルの中心点付近で吊ったほうが上方に固定できて見やすくなります。

メンテナンスリッド(メーターパネル下部の銀色のカバー)を外し、その中で靴ひもを結びます。メンテナンスリッドとメーターパネルとのすきまからひもを外に出し、これでカードケースを吊ります(文章だとわかりづらいですね。後日写真載せます)。

電池で動作させたところ、操作性も視認性も上々です。これなら地方道で案内のない分岐にさしかかってもこわくない!?

ところが...

ナビに附属の電源プラグをフロントトランク内のシガーライターソケットに挿すと、トランクの扉が閉まらないではないですか。

NV-LB50DT用のシガーライター型プラグには電圧降下器が入っていて長いのです。

しかたがないので、シガーライター電源用の延長コード(プラグ~コード~ソケット)を買ってきて、トランク内に転がしておくことになりました。接点が増えると接触不良の危険を増やすのでイヤなのですが...。暴れ回らないようにクッションで包もうと思います。

(*)reservoir なので、耳で聞くと「ザヴゥァ」ですね。

« 2010-02-06  NV-LB50DT をスカイウェイブに搭載(1) | トップページ | 2010-02-08 久しぶり »

コメント

おつかれです!

電源供給でチョイとお悩みの様ですね。

私の場合、
シガーソケットに400円くらいで売ってる2連シガーソケット
http://item.rakuten.co.jp/lauda/sa-0003/
を挿し、防水対策?でボックス天面に粘着テープで止めています。

一方にはケータイ充電器、
もう一方にはカーナビ電源を挿しっぱなしにして、
いつでもケータイ充電、カーナビ装着が出来るようにしてます。

カーナビ電源の取り出し方法は、
43Aでやってた力技です!!!
http://n-ana3.hp.infoseek.co.jp/page015.html
カッターでV字にカットする方が美しく仕上がります。

以上、ご参考まで~~!!

CJ43A+Mio の電源プラグだとリッドが閉まるんですね...。

ゴリラライトの電源プラグは完全にアウト!でした。

久しぶりにオートバックスに行ったら、シガーライタープラグ関連のアクセサリーだけで何十種類もあって、日本はすごい(変な)国だとしみじみ思いましたよ。

スカイウェイブで携帯の充電をしたことがないので、2口を思いつかずに1口を買ってきてしまいました。何かのついでで2口に交換しようと思います。

線の取り出しは...どうしましょうか。古いハンダゴテのヒーターに太い銅線を挿して穴あけようか、それとも電気ドリルにしようかと思案中です。

メインスイッチを切った状態でもナビを使えるように常時ONの配線を取り出して、メーターパネルの中に電源プラグを隠してしまうとエレガントだと思いましたが、そこまで根性ないかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138413/33286152

この記事へのトラックバック一覧です: 2010-02-07 NV-LB50DT をスカイウェイブに搭載(2):

« 2010-02-06  NV-LB50DT をスカイウェイブに搭載(1) | トップページ | 2010-02-08 久しぶり »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ