« 2010-06-18 高回転型 | トップページ | 2010-06-27 事故はこうして起こる »

2010年6月20日 (日)

2010-06-20 クラッチ鳴き

一週間ぶりにスカイウェイブに乗り、オイル交換に向かいます。

その日最初と二回目の発進のとき、わずかに異音がしました。クラッチがつながるときに出たようです。音といっても角の取れた「ホロロッ」というようなもので、一瞬でおさまります。三度目の発進では症状が消えていました。

スカイウェイブ250で良く報告されるクラッチジャダが出たか?と思いましたが、そうではないようです。

最近雨天が多く湿度が高いので、クラッチアウタードラムの内側がさびたのではないでしょうか。半クラッチでさびが取れれば鳴かなくなるとすれば説明がつきます。


オイル交換を済ませ、ちょっと一回り...のつもりが、小田原厚木道路の平塚まで行ってしまいました。ちょっと山でも走ろうかと思いましたが、仕事の疲れが残っているような気がしたので小田原厚木・東名で戻ります。タコメータを見なければスピードメータ読み 105km/h は快適です。エンジン音はうるさくなりますが、ハンドルバーに振動が出ないのが美点ですね。ただ、7,000rpm を指しているタコメータを見るとなんとなく右手がゆるんできて、6,700rpm あたりにしてしまいます。心理的なものですね...。

« 2010-06-18 高回転型 | トップページ | 2010-06-27 事故はこうして起こる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010-06-20 クラッチ鳴き:

« 2010-06-18 高回転型 | トップページ | 2010-06-27 事故はこうして起こる »

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ