« 2013-09-20 ワゴンRタイヤ交換後 | トップページ | 2013-10-03 タイヤは 65偏平 »

2013年9月20日 (金)

2013-09-20 高偏平の省エネタイヤ

先日の記事でワゴンRのタイヤ交換について書きました。少々まとめて走った結果を報告しておきます。

【結論】
MH23S 型ワゴンRの F グレード・FX グレードで 145/80R13 のタイヤを装着している場合、2012年以降に市場に出た 155/65R14 の省エネタイヤに交換すると操縦性・燃費・騒音が改善される。乗りごこちはほぼ同じ。

【操縦性】
145/80R13 では日常速度域でもコーナリングでステアリングを回していくと「腰砕け感」が顕著で、ステアリングの反発力が「抜ける」感じで不安になる。古典的なFF車の大アンダーという印象。交差点では思っているよりもわずかに大回りになる印象。

155/65R14 ではアンダーが減少し、思ったラインを曲がっていく。ステアリングの手応えもしっかりし、微妙な操作に反応するようになる。交差点もきっちり曲がれるようになった。

【燃費】
155/65R14 ダンロップ EC300 250kPa で走った燃費は 145/80R13 ダンロップ EC202 220kPa と同等あるいはそれ以上。145/80R13 では記録できなかった神奈川県内での 24km/L を簡単に実現できた。

【乗り心地】
155/65R14 のほうが路面の不整をわずかに多く伝えがち。特に上下動。本来ピョコピョコした挙動をしがちな車体なので、やや気になる。MH23S のサスペンションセッティングは高い空気圧用になっていないためだろう。走行音は静かになった。


ハイブリッド車の登場で燃費競争が激しくなり、自動車メーカーのタイヤメーカーに対する要求が厳しくなったからでしょうね。

神奈川県大和市~相模原市緑区津久井地域往復での燃費です。床まで踏む登坂が2カ所ありましたが、県内走行では過去最高です。24.1km/L を指していましたが、カメラを用意している間に 24.0 になってしまいました。今までの最高は 国道20号で山梨から横浜まで走ったときの 24.6km/L です。

K0090004

« 2013-09-20 ワゴンRタイヤ交換後 | トップページ | 2013-10-03 タイヤは 65偏平 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013-09-20 高偏平の省エネタイヤ:

« 2013-09-20 ワゴンRタイヤ交換後 | トップページ | 2013-10-03 タイヤは 65偏平 »

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ