« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月28日 (月)

2013-10-28 フィット 13G (2013年)

あまり乗らないとはいえ、自動車なしでは何かと不便なところに住んでいます。

ワゴンRを失ったので次の自動車を検討することにしました。

軽自動車の「必要最小限」という哲学もなかなか良かったですね。事故がなければ10年くらいは乗っていたと思います(4年3ヶ月使用)。

遅いのが気になるのは年に数回3~4人乗車で急な坂道を上るときくらいで、これはまあいいや、と思っていました。ただ、二つほど気になる点が…。

・助手席に人が座るとやはり幅が狭いと感じます
・道路の不整に敏感で、常に上下にひょこひょこ動いている感じがあります(リヤのバネ係数が高め)
・エアコンを使うと走りがずっしりと重くなります
・幅より高さが高いのはやはり不安定(実証してしまいました)


そこで 1.0L~1.3L の小型車から選ぶことにしました。自動車はどちらかというと
「走ればいい」
という考え方ですので、使いやすさと総合費用(車両価格・燃料・整備)で選ぼうと思いました。

トヨタ ヴィッツ
日産 マーチ
ホンダ フィット
三菱 コルト
マツダ デミオ
スズキ スイフト
あたりが候補になります。

マーチはどうも見た目が好みではなくて…。三菱は販売店が近くにないのと、ヴィッツだったらフィットだろうというので

ホンダ フィット
マツダ デミオ
スズキ スイフト
から選びます。


とりあえず近所のマツダとホンダに電話して試乗を申し込みました。

マツダ デミオ 13-Skyactiv
自分に合ったシャツを着たような心地よさがあり、交差点を曲がっただけでも気持良く感じます。エンジンは新技術だらけですが乗った印象はごく普通。なかなか良いのですが、後席に乗るときドアの高さがどうにも足りません。運転席を私に合わせると(身長 181cm)後席は「猫用シート」になってしまいました。

もう一つ。13-Skyactive はシリンダ内燃料噴射かつ日本販売モデルのみというので、維持・修理の面で長期使用に少し不安を感じました。

ホンダ フィット 13G Fパッケージ
広くて明るい印象。後席の前後長はワゴンRのだだっ広さと比べても見劣りしません。走ってみると「乗せられている感」が濃厚です。いかにも無難なファミリーカーという感じ。ゆったり(悪く言うと「もっさり」)ですね。エンジン・CVTはごく自然で、乗り心地はまずまず、ブレーキも良い感じです。この価格でこれだけ妥協点を高くできたのはみごとですね。

この時点でフィットにしようと決めましたが、ひとまずスイフトも見てみました。

運転席に座った感じは一番良いですね。適度な囲まれ感と落ち着きとがあります。試乗はしなかったのですが、おそらくフィットよりも良い印象だったはずです。ただ、後席が狭く、思ったよりも屋根の後半が下がっていて乗り込みにくいのですね。

ハンドリングが楽しい自動車に乗るとペースを上げてしまいそうということもあり、「その気にならない」フィットに決定です。


フィットの 2013年型といえばハイブリッドが話題の中心ですが、DCTを使った新しい構成ということでちょっと様子見かなと思いました。新技術導入のフルモデルチェンジだといろいろと不具合もあるはずで、生産しながら対応していくはずです(かつで某大手自動車の工場で学生アルバイトをして経験しました)。

13G はカムシャフト位相制御によるアトキンソンサイクルに従来型燃料噴射ですから、「枯れた技術」といえます。初期生産の不具合があっても大きなものは出てこないだろうと判断しました。

使えなくなるまで乗るつもりですので、下取り価格を考ずに費用を考えてみます。そうすると私の走行距離ではハイブリッド車とガソリン車との価格の違いを燃費差だけで逆転できそうにありません。

年間 7,000km、150円/L として

ハイブリッド 20km/L として 10年で 525,000円
1.3L ガソリン 16km/L  として 10年で 656,250円
差額 131,250円

車両価格差 369,000円 → 237,750円だけ 1.3L ガソリン車が安くなる。

もちろんハイブリッド車のほうが静かで力強い走り・給油間隔が長く時間の節約になるという利点があり、この満足度は 10年で 24万円という金額では買えないものかもしれません。

しかし今回はDCT+リチウムイオン電池のハイブリッド+フルモデルチェンジ、消費増税前の受注急増による「作りまくり」の状況を考えて無難なほうを選ぼうと思いました。

その後ハイブリッド車のソフトウェア不具合でリコールになったことを見ると、この見方もあながち心配のしすぎとも言えないのではないでしょうか。

2013年10月18日 (金)

2013-10-18 スカイウェイブ売却予定

ワゴンRがなくなったことにともない、入れ替え用の自動車を手配しました。
ホンダ フィット 13G (2013年型 1.3L ガソリンエンジン 2輪駆動)です。

候補に上ったのは
・フィット
・スイフト(デュアルジェット 1.2L)
・デミオ(Skyaktiv 1.3L)
でした。


フィットの納車と同時にスカイウェイブともお別れです。ワゴンRとなら場所の取り合いにならなかったのですが、フィットだと駐車場の共用が難しいこと、維持費(特に保険料)がかさむことが理由です。

フィットの納車が2013年11月末くらいの予定ですので、それまでに売却先を検討することになりそうです。

2013年10月 3日 (木)

2013-10-03 タイヤは 65偏平

ワゴンR MH23S(2008-2012年)の FX グレードに乗っています。FX の特徴は
・5速手動が選べる
・タイヤが 145/80R13 の ダンロップ SP10
・前スタビライザー(アンチロールバー)がない
点です。

5速手動だとパーキングブレーキが運転席横のレバー式です。やはりこれが一番良いですね。

スタビライザーがないのでターンでぐらりと来るかというとそうでもありません。普通にロールして曲がっていきます。他グレードに乗ったことがないのですが、「あるべきものがない」という印象は受けません。


問題はタイヤでした。標準のタイヤで峠道を走るとタイヤが変形しているのがはっきりと伝わってきます。
「キュキュキュ…ギャギャギャーッ」
というスキール音ではなく、
「ゾゾーッ」
という感じで前タイヤが外側に逃げていってしまい、ステアリングの手応えがあやふやになります。

155/65R14 の ダンロップ EC300 (低燃費タイヤ)にしたら劇的に変わりました。正直なところ、
「ワゴンRの実力はこんなに高かったのか」
と思いました。

低燃費タイヤなので絶対的なグリップはないはずですが、145/80 の 30% 増しの速度でターンに入ってもまったく問題なく曲がります。わずかな下りでブレーキで荷重を前に掛けてターンすると四輪がなめらかに流れてニュートラルに曲がっていきます(舵角一定で気分が良い)。スカイウェイブでは追いつけないですね。

ワゴンRの美点の一つは後輪の落ち着きですが、この良さが十分に生かせます。

新型ワゴンR MH34S の指定空気圧は 280kPaですが、現在は 250kPa で走っています。舗装がうねっていると以前よりも上下動を強めに感じます。145/80 タイヤではダンピングもいくらか強かったのかもしれません。細かい振動はタイヤ交換前と変わりません。

ワゴンRの旧型やアルトで 145/80R13 でしたら、155/65R14 は試してみる価値が十分あると思います。タイヤ外径はほぼ同じで最終減速比やメーター誤差の問題はありません。

燃費は 20.5km/L が 21.9km/L へと、有意な向上が見られました。以前の SP10 が低燃費タイヤではなかったからでしょうね。

計算値
145/80R13 の円周 1,766.2mm
155/65R14 の円周 1,750.2mm (-0.9%)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ