« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月30日 (月)

2013-12-30 フィット 初期インプレッション

ホンダ DBA-GK3(フィット3) 1.3L 2輪駆動 CVT Lパッケージ

走行が 1,500km 程度になりました。初期の印象を記録しておこうと思います。

 

 1.外観
写真で見るほどには強い印象がなく、周囲に溶け込んでいます。見慣れると一筆書きの卵のようでなかなかよいデザインです。ややうるさいかと感じたテールランプ部分もまずまずのまとまりです。

 2.ドアを開けてシートベルト着用まで
リモートキーをポケットに入れてドアハンドルに手を触れると解錠します。ドアが前後共に90度近くまで開くのはとても便利です。横に余地があるときには思い切り開くようになりました。

ドアを閉める音はさほど重厚ではありません。空気の抜けも良いようで楽に閉まります。

シートは幅も高さも十分で表面も良い仕上げです。残念なのが座面の傾きを変えられないこと(ティルト機能なし)。身長 180.5cm だと膝の裏あたりが座面から浮き、お尻に体重が集中しがちです。ヘッドレストがやや前気味で後ろから常時触られている気がしましたが、これには慣れました。

このグレードではハンドルはティルトのみでテレスコピック(伸縮)ではありませんが、ちょうど良い位置に設定できました。膝がハンドル外周やコラムに当たることもなくて助かります。

左足は床がフットレスト状になっていてうまくおさまります。スロットルペダルは長さが十分で操作しやすいですね。操作は軽いのですが、最後の 20% くらいで急に反力が強くなって完全に踏み込むにはかなり力を要します。ブレーキペダルはやや運転席に近いかとも思いますが、良い位置でしょう。

パーキングブレーキは伝統的な左手操作です。左ハンドル仕様が標準のようでセンターコンソールの左に位置しています。着座位置からやや遠いので引くときに垂直ではなく右斜め上方に引く感じになります。解除ボタンの感触はやや渋くていまひとつです。また、運転席から遠いのでしっかりと手で戻すつもりで解除しないと下まで降りきりません。これは少し気になります。

室内ミラーは大きさ・位置共に合格点でしょう。後ろの窓が上下左右すべて映ります。ドアミラーはごく標準的で問題ありません。

 3.内装
低予算コンパクト車なりのものです。丸形のメーター窓は3つで、左から回転計・速度計・多機能表示窓です。メーター照明は黒/青地に白で、黒地に白や橙といったドイツ系とだいぶ印象が異なります。トリップ計・外気温計・燃費計・燃料計を表示する窓が独立していて便利です。エアコンタッチパネルは大きくやや散漫な印象で、操作もダイヤルやボタンなど手応えのあるほうが楽だと思います。

意外だったのがサンバイザー。収納時にバネで戻りますが、そのときに天井を叩く「バコン!」という音が実に安っぽく、少々悲しくなります。ワゴンRのバイザー収納は実に気持ち良かったので、この部分の質感は軽自動車に完敗です。

後席はフィットの一人勝ちで、4人乗車で長距離も苦になりません。ヘッドレスト・シートベルトもしっかりしています。 

 4.エンジン始動~発進
始動ボタンを押すと静かにエンジンがかかります。アイドルの音・振動は上手に押さえ込んであり、4気筒としては上出来でしょう。冬の朝の高いアイドルでも室内は静かです。始動の都度アイドルストップ機能がONになります(キャンセルスイッチで切っておいても)。

シフトセレクターをDにしたときのショックはかなり小さくしてあります。NでもDでもアイドリング回転数が変わりません。DBW(ドライブ・バイ・ワイヤ=スロットルペダル位置を電気信号で読み取り)なのでアイドル回転数補正が動作していますね。トルクコンバーターを使っているので自然なクリープがあります。

 5.発進加速

トルクコンバーター域から直結(ロックアップ)域への切り替えは上手で、加速感の変化はほとんどありません。エンジン音が変化するのでそれとわかるくらいですね。

CVTの制御は非常に巧みで自然です。同乗者の受けもとても良いですね。しっかりとしたダイレクト感がありながら細やかに変速比を変えていきます。急加速でも5速マニュアルで「電光石火」のシフトをするよりおそらく良いタイムが出るでしょう。

 6.ブレーキ
軽く踏んだときの減速Gの立ち上がりが急な現代的な味付けで、同乗者がいるときの渋滞路では慎重に操作する必要があります。ドシンと踏んで力で コントロールするほうが好きなのですが、力強く踏めない人でも安全に乗れるようにするにはしかたがないですね。絶対的な制動力は十分で安心して使えるブ レーキです。耐フェード性もまずまずでした。ABSの介入も自然で動作時の不安感がありません。

 7.市街地
13G(1.3L)はタイヤサイズが 175/70R14 と幅が狭く、回転半径が他グレードより小さくなっています(4.7m)。感覚的にはワゴンRと同じ感じで取り回せますね。ちなみに15X・ハイブリッドは 4.9m、RSは 5.2m です。

電動ステアリングのアシスト量は十分で、ステアリングをくるくると回すような走りは得意です。

段差や不整地での乗り心地には合格点を与えることができます。

 8.バイパス・高速道路
エンジン・CVTは模範的で何も言うことはありません。本線流入には 2,500rpm も回せば十分です。燃費対策で巡航時のエンジン回転数はかなり低く抑えてあって、メーター読み 80km/h で 1,500rpm・ 100km/h で 2,000rpm くらいです。13Gは遮音材が他グレードより少なく、舗装の古い区間を通ると「ゴーッ」というタイヤノイズが相当派手です。同乗者から「窓閉まってる?」と尋ねられます。

直進安定性は普通でしょうか。どっしりとした座りの良さはありませんが、チョロチョロする感じもありません。空力は優秀で、風切り音は聞こえず、80km/h からの加速で風の抵抗をあまり感じません(ワゴンRでは如実に「壁」を感じました)。メーター読み 100km/h で瞬間燃費計が 20km/L 以上を示します。

 9.山道
ステアリングを回すとボディ剛性の高さを感じます。車輪の位置がしっかりと決まっている感じが伝わってきます。回頭性は優秀でぐいぐい回り込んでいく快感があります。 175/70R14 の省エネタイヤでここまで気分良く走れるのには感心しました。185/55R16 タイヤのRSだと走行性能は相当なものだろうと想像します。

山道では変速比を固定したくなります。タイムでは変わらないのでしょうけど、スロットルを戻すとすぐに変速してしまってせわしい感じです。こんなときはSパッケージのパドルシフトがうらやましくなりますね。

10.LEDヘッドライト
「色温度の高い明るいハロゲン灯」という感じです。ディスチャージ灯ほど明るくはないですね。長寿命・低電力・ON/OFFに強いのが利点と考えればよいかと。ロービームがLED,ハイビームがハロゲンです。ハイビーム時には上下同時点灯ですので、色温度が異なる2種類の「カクテル光線」になります。自動点灯モードがあるのでトンネルが連続する区間で便利です。

2013年12月22日 (日)

2013-12-22 スカイウェイブ250売却

2009年3月に新車で購入したスカイウェイブ250 TypeM (2009年型)を売却しました。

電球ひとつ切れず、止まったことも走り出せなくなったこともない、日本の工業製品の優秀さを現した車だったと思います。幸いに事故もなく約3万キロを走りました。

手放した理由は車庫の問題もありますが、視力と身体の反射との衰えですね。ワゴンRの事故で
「いつまでも若くはない」
と感じました。文字どおり
「転ばぬ先に」
二輪を降りておくのが私には良いのだろうと判断しました。

あまり良くないたとえですが、米国の軍人シェリダンは
「よいインディアンとは、死んだインディアンの事だ」
と言ったそうです。

二輪で出かけた家族を待つ身にとっては、
「よい二輪とは、故障した二輪の事だ」
と言いたいところでしょう。あるいは
「」よい二輪とは、売った二輪の事だ」
でしょうか。

今後はホンダ フィットについての情報を書いていこうと思います。皆様よろしくお願いいたします。

2013年12月17日 (火)

2013-12-17 初回給油で 21km/L

フィットの初回燃料給油です。21km/L となりました。
新車かつ冬季としては上々だと思います。

ただし
・納車時の満タンがどこまで入っていたか不明
・初めての給油なので吹き返し等がないようにあまり詰め込まなかった
ので、参考値ですね。次回からは同じ給油所で同じ入れ方になるので意味のある数字が出てくると思います。


エンジンの温度管理が優れているのか、外気温4度で走り出して走行距離 10km・平均速度 30km/h の悪条件でも 18km/L になります。ワゴンRと同じですね。

一定速度走行での燃費がとりわけ良いのに驚きます。西湘バイパス・小田原厚木道路を回ると区間燃費は 26km/L くらい(車載燃費計 28km/L)になり、ワゴンRを上回ります。

横浜市の住宅地から狭い地方道を使って川崎市麻生区の住宅地に行き、2名乗車で中央道~首都高速で中央区まで走って燃費計は 22.6km/L を示しました。

ハイブリッド車ならもっと伸びるのでしょうね。燃費は 20km/L 以上が当然という時代になったのだと痛感します。

慣らし運転で 2,000rpm を超えないようにしていますが、実は走りたいように走っても 2,000rpm をめったに超えませんね。CVTの設定がとにかく低回転を使うようになっています。これで最大トルク発生が 5,000rpm、最高出力が 6,000rpm と実用車としてはかなり高回転型なのですから少々驚きます。ミラーサイクル領域を出るとそれなりに燃料を使って燃費が低下すると思います。

2013年12月 8日 (日)

2013-12-08 フィット13G 燃費良好

納車時にガソリンは満タンでした。買い物などで 207km 乗って 17.3km/L となった時点で少し遠出をしてみました。

往路:
東名高速 横浜町田IC~御殿場IC
国道1号バイパスで袋井まで

帰路:
袋井から国道1号バイパスで島田まで
金谷周辺の峠越えを経て金谷まで戻る
金谷から国道1号バイパスで冨士まで
東名高速 冨士IC~御殿場IC
東名高速 御殿場IC~横浜町田IC

高速道路はメーター読み 90km/h 程度に押さえました。
慣らし中なのでアイドルストップは動作させず、ECONモードもOFFです。
※ ECON モードだと回転数が低くなるため、トルクに頼る走りとなって初期なじみがまだのビッグエンドやピストンスカート等に負担がかかると考えました。

途中に山越えや市街地も少し含みましたが、90% は流れの良い走りで好燃費を期待しました。上記区間の車載燃費計は 26.1km/L です。
261

給油時に満タン・距離計法で計算すると今回走行分では 6.65% 過大のようでしたので
26.1/1.0665 ≒ 24.5km/L

補正後の数値でもワゴンRの最高値とほぼ同じです。走りはフィットのほうが速くて楽なのですが…。


サービスエリアに停めた直後にエンジンフードを開けても熱気を感じません。エアクリーナや吸気ダクト、ダイレクトイグニションの樹脂部分に触れると冷たいままです。フィットのエンジンは後方排気であることを考えても発熱量はだいぶ少ないと感じました。効率が良いのでしょうね。

低負荷時には吸気バルブ遅閉じによるミラーサイクル(ホンダは「アトキンソンサイクル」と呼んでいます)で運転しています。このほかにも摩擦の低減や冷却EGR、ブローバイガス制御、発電負荷制御など、細かい効率改善を積み重ねています。

2013年12月 7日 (土)

2013-12-07 フィット印象

フィットに200kmほど乗りました。

ECONモードという省燃費設定ができます。フィットはドライブ・バイ・ワイヤ(スロットルが機械ケーブルではなく電気信号制御)なので空気も燃料も自由に設定できるのですね。

ECONモードにするととたんに車の動きが重くなります。具体的には
・スロットル反応が鈍く
・高いギア(低い変速比)を使う
ようになっています。

ECONモードを使うと街乗りでのエンジン回転数は 2,000rpm をなかなか超えません。70km/h でも 1,500rpm 程度とけっこうすごい変速比です。副変速機なしの CVT でもこれだけ広い比率を実現できるのですね。カタログによると 2.526~0.408 だそうです。


LパッケージですのでLEDヘッドライトです。驚くほどではありませんが、白い光でまあまあ明るいですね。ハロゲン灯のように点灯時の突入電流もないしHIDのように明るくなるまで時間がかかることもありません。上り坂の交差点などでこまめに消灯する気になります。

175/70R14 ヨコハマ ブルーアース という省エネルギータイヤが標準でした。空気圧は前 220kPa、後 210kPaと従来からの常識的なものです。ステアリング操作に対する反応はしっかりしていて気に入っています。ロードノイズや路面不整による振動はごく普通でしょうか。

慣らし運転中なのでアイドルストップは切っています。まだエンジン内部の摩擦も大きく始動時の暖気も1分ほどかけていて燃費には厳しいのですが、納車時から 200km で 17.3km/L です。初めの 20km が 7km/L でしたから、20km/L 以上の区間がかなりあったはず。


ワゴンRに比べると横幅が広くて進入がなにかと不便という一点を除いて「完勝」という感じを受けます。
・車体の剛性感による適度な「囲まれ感」
・ステアリングを回したときの初期反応が早め(ちょっと人工的な気もしますが…)
・少ないエンジン振動、静かなアイドリング
・80km/hで走ってもラジオが聞こえる!
・段差を越えるときの落ち着き
・燃費はあまり変わらない
・最小回転半径があまり変わらない
・エアコンを入れても4人乗っても上り坂でも加速する

2013年12月 4日 (水)

2013-12-04 フィット納車

ホンダフィット 2013年型 13G CVT 二輪駆動 Lパッケージ 
(ホンダ DBA-GK3)
がやってきました。塗色はアラバスターシルバーメタリックです。

数kmしか走っていませんが乗った第一印象は
・シートはまずまず。ハイトアジャスター(シートリフター)は便利ですが、ティルト変化がないのが残念
私の場合足が座面から少し浮いてしまいます(身長 181cm)。
・右AピラーはワゴンRよりもじゃまになりません。
・ドアミラーはちょっと小さめ。
・パワーステアリングは路面情報をほとんど伝えません。中立復帰(セルフセンタリング)も人工的です。
・運転席の足もとが広いのはありがたい。左足の置き場所に困りません。
・ロードノイズはよく通すとの評ですが、ワゴンRからの乗り換えなので静かに感じます。
・トルクコンバーター・CVTはごく自然で良い感じ。
・ブレーキも剛性感が適度にあり使いやすい。
・室内に開放感があり、気分が良い。
・後席の広さは驚くほど。後席をたたんだときの収納容積にもびっくり。

私の二輪・四輪の原点は昔々お寺の境内で乗ったスーパーカブです。
「うわ、走る!」

それ以来、機構や性能にはあまり頓着せず、
「出されたものは食べる」
という感じで乗り物を選んで乗ってきました。
車輪とエンジンがついていれば十分、という立場です。

四輪車はこんな車を乗り継いできました。
・マツダ ファミリア セダン(1.5L 3AT)
・日産 パルサー セダン(1.5L 4AT)
・富士重工 ヴィヴィオ 3ドア(0.66L CVT)
・スズキ ワゴンR 5ドア(0.66L 5MT)
・本田 フィット 5ドア(1.3L CVT)


ヴィヴィオのCVTにはけっこう感心しました。ときどき
「CVTはスロットルを開けるとまずエンジン回転数が高まってから加速するのが嫌い」
という意見を見かけますが、不思議だと思います。そういう方は手動変速でシフトダウンしたとき
「シフトダウンするとまずエンジン回転数が高まるのが変だ」
とおっしゃるのでしょうか…。

2013年12月 3日 (火)

2013-12-03 フィット納車は 12月04日

ホンダの販売店から都合が良いときに取りにきてくださいと言われたのですが、こちらの都合で 12月04日にしてもらいました。

自賠責保険の解約は東京海上日動の営業店に行ってみました。企業の事務所や現場を見るのは楽しいですね。一般客が多く訪ねるところではないので、いわゆる「社風」を濃厚に感じます。

天下の TOKIO MARINE ですからさすがに良い事務所ビルに入っていますが、費用管理は徹底しているようです。来客を受け付ける場所は通常は消灯です。来客は内線電話で担当者を呼び出します(これは普通になりましたね)。

来客用のテーブル・椅子は普通の事務用です。おそらく派遣かパートタイマーという方が出てきててきぱきと対応してくれました。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ